FC2ブログ

大日本忠告社高橋代表からの投稿

「次期首相にとっても、靖国参拝は重大な責務だ」、小泉政権時の安倍幹事長が2005年、「正論」にて、発言した言葉である。第一次安倍内閣では、この言葉は一体何であったのかと、失笑してしまったが、大概の首相はそんなものかと納得する部分もあった。その後、民主党を平和ボケ個人主義者たちによって日本の未来を託したわけであるが、見事に日本の未来を絶望へと導かれたわけである。菅直人は、靖国神社にはA級戦犯が祀られているから、首相や閣僚が参拝することは問題があると発言していたが、一番問題があったのは菅直人本人であった。また自身のブログにおいて、民主党が衆参議員選挙で大敗をしたのは、原発問題が争点にならず、民主党への批判ばかりが集中したから、私自身は責任を感じているなどと書いてあったが、原発が争点にならなかったと自分自身の実態を自身で庇うかのように原発に擦り付けている。自民党は原発再稼動を文句に政権を奪取したわけではない。菅直人は収まるべくして収まったクソ左翼運動にのめり込んでいるわけである。バカにつける薬はない、先人は上手く言ったものである。 なんだかんだで、自民党政権が再び日本の梶をとることになり、第二次安倍内閣がスタートとなった。安倍首相の脳裏には靖国参拝は絶対に行うと思っていたに違いない。終戦の日には参拝を控え、安倍!この野郎と思った日本人は少なくなかったはず。しかし、この時期に安倍首相は靖国の英霊に会いに行ってくれました。日本国民を代表して会いに行ってくれました。きっと靖国の英霊は、やっと来たか、別に来なくてもよかったけど、日本の事をしっかりとやってくれ、と安倍首相に語ったと思う。英霊たちが、一番思われる事は、日本は天皇陛下のもとに一致団結し、家族仲良く笑顔でちゃぶ台を囲んでくれる事を願われていると思います。それはいくら貧しくとも家族の笑顔は人生で一番素晴らしいことであると!
自分たちが家族の事を思い日本の未来を後世へと託した。しかし、今の日本人はそれがない。金、金の個人主義の有り様。金はないと困る
が、生活さえできればいいではないか! 家族を蔑ろにして、自分は靖国の英霊に感謝をしてますなどと靖国神社に行ったところで、英霊は何も喜んではくれない。英霊は愛するべく家族を守るために、祖国日本を守るために靖国の英霊となられた、安倍首相はこの事をよく分かっていると思います、安倍首相には日本人皆が英霊と同じ気持ちを持って日本復興に向かわれる様に、指導者として奮起していただきたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR