FC2ブログ

天皇陛下御即位 即位礼正殿の儀奉祝街宣活動

10月22日、天皇陛下が御即位を国内外に宣明される即位礼正殿の儀が皇居において執り行われた。我々はこの目出度き日を国民皆で盛大にお祝いしようと、福井県内の雷鳴塾や剛楯会などの民族派有志と共に奉祝活動を行った。
1571738029569.jpg
福井市内の東公園に集合し国民儀礼を執り行う。
1571743940439.jpg

1571738052677.jpg
その後福井市内を啓蒙流し街宣。
1571738079401.jpg
その後即位礼正殿の儀が始まる午後1時に福井縣護國神社を参拝し、聖寿万歳する。ラジオで天皇陛下の御言葉を拝聴して、その後再び流し街宣を行う。
1571738081182.jpg
その後福井駅前通り繊協ビル横にて停止街頭演説会を行った。3人の弁士が演説し、聖寿万歳して活動を終えた。
1571743927835.jpg

参加された各団体の皆様、お疲れ様でした。

日本人は古代から太陽を拝み、豊作や豊漁、商売繁盛等を神々に祈り、またそれを感謝して祭りごとを行ってきた。日本に宿る八百万の神々を司ってきたのが天皇陛下であり、日々国民の平和や安寧を祈り、国民はその様な 皇室を尊重しながら様々な伝統文化を築き上げてきたのである。その様な天皇陛下を中心とした日本の国體や、日本独特の世界に誇れる伝統文化を護り、後世に伝えていく事は、今を生きる日本人の責務である。今一度日本人は日本の伝統文化を学び直し、日本人としての自覚や誇りを持って 皇室の弥栄と皇國日本の益々の繁栄と弥栄の為立ち上がっていこうではないか。

皇尊弥栄

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR