FC2ブログ

大東亜戦争戦闘終結の日靖国神社参拝

8月15日、大東亜戦争の終結を宣言する昭和天皇の玉音放送の日から74年目を迎えた。74年前のこの日、日本人は涙を流しながらこの玉音放送を聞き、敗戦を迎えたのである。我々はこの日、大東亜戦争で戦死した約200万人の御魂と、国際法違反で事後法により敗戦国への見せしめとして処刑され、A級戦犯とされた方々が祀られる靖国神社を大日本愛國團體聯合時局對策協議會の同志の方々と共に昇殿参拝した。午前11時半頃より参拝し、英霊の御魂に感謝の誠を捧げ、正午12時に靖国神社参集殿前にて黙祷を捧げた。

今年も多くの日本人が暑い中靖国神社を訪れ、列を成していた。公の精神で日本の為に血と汗と涙を流し命を捧げた先人に感謝の誠を捧げることは当然のことである。なかなか靖国神社には行けない人も、地元の護国神社に参拝したり、家の神棚を通じて感謝の誠を捧げればそれで良いのであるし、その様な先人に感謝する日本人の心だけは失ってはならないと思う。

image1_2.jpeg

DSC_0892.jpg

大日本愛國團體聯合時局對策協議會の皆様、今年も有難う御座いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

安倍総理の霊的感受性

はじめまして。福井市在住の王島将春(おうしままさはる)と言います。聖書に書かれている預言を伝える活動をしています。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアがイスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めてください。聖書に書かれている預言を知る人が増える中で、キリストに近づく人が増えてくれる事を願っています。

それはそれとして、皇國櫻心會の皆様の理念を考えるなら、安倍総理に抗議するべきではありませんか。クリスチャンがこんな事を言ったら、他のクリスチャンから非難されそうですが・・・。

靖国神社が創建されたのは1869年です。つまり今年(2019年)は創建150周年の記念すべき年だったはずです。安倍総理は第一次政権時代に靖国神社に参拝できなかった事を「痛恨の極み」だと言っていたと聞いています。痛恨の極みとは軽薄な言葉ではないはずです。激烈な後悔・胸の痛み・最善を尽くせなかった事の情けなさ。そういったものを感じる中で「痛恨の極み」と言ったなら、もう二度とそのような痛みを感じたくないという決意に至るはずですが。しかしそれにも関わらず今年の8月15日の創建150周年の記念日に参拝を見送ったとのこと。

正直な話、これはイエス・キリストを唯一の神として礼拝しているクリスチャンとしても、不愉快に感じる人が多いのではないでしょうか。私達にとっては靖国参拝は偶像礼拝であり、容認できるものえではありませんが、安倍総理は英霊に尊崇の念を持っているはずです。英霊を信じているなら、そして感謝の気持ちを持っているなら、それに対して霊と誠をもった行動で示さなければならないのではないですか。外国人の愛国者が、他国の非愛国者の言動を見て「自分の祖国をそんな風に言うのか!」と怒ることに似ています。

とにかく、皇國櫻心會の皆様にとって、中国・韓国・ロシアが脅威であるとは思うのですが、日本政府の王座に就いている安倍晋三という人物の霊的感受性も、十分に脅威だと思います。皇國櫻心會の皆様がクリスチャンになってくださる事を第一に願いますが、それを置いておくとしても、安倍総理を戒める事も大事だと思います。

今日は天皇関連の行事があるので、福井市でも街宣車が走っていました。方向指示器を点灯させずに右左折するクルマや、赤信号に変わった直後でも直進するクルマが、最近増えております。最近、交通事故の加害者になってしまった私が言える事ではないのですが、お気をつけてくださいませ。
プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR