FC2ブログ

滋賀県大津市 日吉大社参拝

1月14日、滋賀県の大津市に鎮座する日吉大社を参拝した。日吉大社の歴史の始まりはおよそ2100年前に遡り、全国に存在する日吉、日枝、山王神社3800余社の総本宮である。主に東本宮と西本宮に分かれ、東本宮は古事記にも記される比叡山の山の神である大山貴神(おおやまくいのかみ)が祀られ、西本宮には国家鎮護の神である大己貴神(おおなむちのかみ)が祀られる。
1515999662078.jpg
1350年の歴史を誇る西本宮。その横に宇佐宮、白山宮があり、標高381メートルの八王子山の途中に三宮宮と牛尾宮がある。今回は時間の都合で、山は登りませんでしたが、片道30分くらいだとか。
1515999668820.jpg
国宝の東本宮。

日吉大社では、猿が魔よけの象徴として大切に扱われてきたという。神猿と書いてマサルと読むらしい。猿にまつわる様々な伝説も伝えられているのだとか。境内至る所に猿に関わる彫り物や岩などが存在し、お守りや御朱印にも猿が描かれていた。
見ざる言わざる聞かざるは日光東照宮で有名な言葉であるが、これも元を辿れば比叡山で生まれた言葉らしい。他人の嫌なこと、不安なことに対して見ざる言わざる聞かざるが最も大切であるが、更にそれ以上に、いかり、うらみ、ごまかし、なやみなやませる、ねたみ、ものおしみ、だます、へつらう、傷つける、おごり、といった心を持たない「思わざる」ことが一番大切であるであると日吉大社では伝えられているのだとか。

森に囲まれ、歴史ある日吉大社。いいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR