FC2ブログ

広島原爆忌啓蒙街頭演説

8月6日、71年目の広島原爆投下の日を向かえた。この原爆投下は、米国による日本人大虐殺以外の何物でもないことは明らかであり、大東亜戦争の日本敗戦を分かっていながらの人体実験であったことは明らかである。当時であっても、戦時中に相手国の一般市民を殺してはならないという国際法があった。併しながら、米国はそのような国際法を一切無視し、我が国の一般民間人を一瞬にして大虐殺したのである。その数広島長崎合わせて20万人である。その後放射線を大量に浴びた影響で亡くなっていかれた方々を含めると、まだまだその人数は増える。これだけの数の人間が一瞬にして大虐殺された例は、世界史上この原爆だけである。しかも、それが白人国家による有色人種への見せしめであり、人体実験であったことを考えてみれば、日本人であるならば誰もが強い憎しみと憤りを覚えるはずである。併しながら、アメリカはこの日本人の怒りを誤魔化し、その先の世界からの非難を避けるため、東京裁判によって日本が侵略国家であり、悪い侵略国家日本をアメリカが打ちのめしたという歴史観を作り上げ、原爆投下を正当化したのである。広島の平和公園には、「二度と過ちは繰り返しませぬから」と書かれた碑が建てられている。間違ってはならない。過ちを犯したのは日本ではなく、米国である。今年、あの原爆投下から初めて米国の大統領が、広島の平和公園で追悼の献花をしてくれた。どこかの国のようにこれ以上謝罪や反省を要求するつもりは全くないが、マスメディアが未だに報道し続ける、日本が悪かったから原爆を落とされたとか、戦争をしたから原爆を落とされたとか、只々戦争の悲惨さだけを強調した報道には、決して騙されないでほしいと思うのである。戦争でどちらが正しいも何もない。ましてや、勝った方が正しく負けた方が間違いという歴史観などあってはならないのである。そのような間違った歴史観が戦後の日本を縛り続け、未だに日本は立ち直れないでいる。今こそ日本人は正しい歴史観を学びなおし、日本の再建に立ち上がろうではないか。

原爆投下によって亡くなられたすべての方々に対し、心より追悼の意を表します。

この日、午後12時45分頃より福井駅前通りにて街頭演説を行いました。


1470655965891.jpg

IMG_20160810_195421.jpg
2名の弁士が演説。ご清聴下さいました市民の皆様有難う御座いました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR