FC2ブログ

韓国大統領の竹島不法上陸を許すな!

8月10日、韓国の李明博大統領が、我が国固有の領土である島根県の竹島に不法上陸するという暴挙にでた。明らかに韓国国内での求心力低下を挽回するために行った行為である。今までも韓国は反日により国内をまとめてきた。しかしながら、大統領が竹島に上陸したのは初であり、日本としてはこの行為を重大に受け止め、国民皆で大きく抗議し制裁をくだしていく必要がある。
韓国大統領の竹島上陸の原因は、元をたどれば民主党政権になってからの対韓外交の甘さにあることは明白だ。鳩山によるお友達外交に始まり、菅による謝罪談話、返還の必要のない図書の返還。野田になってからもスワップ支援など韓国に対して極めて甘い外交を行ってきた。民主党議員も猛省すべきである。

竹島は江戸時代からアシカやアワビなどの漁の中継地として日本人に利用され、明治38年に日本政府は竹島がどこの国の領土でもないことを確認したうえで正式に日本領とした。しかし、昭和27年韓国のイ・スンマン大統領は、竹島を韓国領とする「イ・ライン」を一方的に宣言し、その後昭和29年、韓国は国際法を一切無視し、竹島を軍事占拠したわけである。現在もなお武装警官を常駐させて不法占拠を続け、返還を求める我が国の話し合いの呼びかけにも一切応じず、国際裁判所への出廷もせず、領有権問題の存在すら認めず、さらには竹島近海で軍事演習を行い我が国を威嚇し続けてきたのである。そしてとうとう今回の暴挙にでたわけである。

最近北方領土、竹島、尖閣と領土問題がニュースを騒がせている。先にも述べたようにその原因は、民主党による友愛外交、弱腰外交、謝罪外交を見切ってのことであることは明白である。今回の竹島への大統領上陸により日本がどのように反発するか、中国やロシアは見物しているに違いない。日本政府は、今までにない制裁を韓国に対し突きつけていく必要がある。また、尖閣を第2の竹島にしないためにも、自衛隊を常駐させるなど、実効支配を強めていかなければならない。竹島も尖閣も北方領土も莫大な国家の国益に関わる重要な問題である。日本人よ、摩擦を恐れるなかれ。


竹島

スポンサーサイト

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR