FC2ブログ

反核運動と原発

広島や長崎での原爆慰霊祭でも多々見られるように、我が国には反原発とともに反核運動に没頭している輩がいる。日本から核をなくせば日本は平和であるとか、核兵器を持たなければ平和が保たれると言っている。だがはたしてそうだろうか。中国にしろロシアにしろ核ミサイルの照準を日本に向けている。この中国やロシアは、もし衝突が起きた時、日本が核を保有していないから核での攻撃はやめておこうなどと考えるだろうか。常識的に考えてそのようなことを考えるわけはない。逆に相手が核を保有していないなら核による攻撃をしても、核による報復がないと考えるのが普通である。今のところ日本はアメリカによる核の傘が効いているため、そのような心配はないであろう。しかしこの核の傘も永遠に保障されているわけでは決してない。そして忘れてはならないのは、この核の傘で守られている限り日本はアメリカの支配下にあるということだ。アメリカならびに世界の核保有国は核軍縮に向けて動いているようにも見える。しかしそれはただのパフォーマンスでしかない。世界中の核保有国が核廃絶に向け軍縮を進めているというのに、これから核を保有しようとしている国はけしからんという雰囲気を作り上げて、新たな核保有国を作らせず自分達だけが世界の中で発言力のある強国であり続けようとしているだけである。北朝鮮やイランもそのようなカラクリの中、悪者に仕立て上げられているだけである。我々は決してこれらの国が核保有することに賛成しているわけではない。しかし世界中のどの国家も核兵器を保有する権利を有しているはずである。現在核兵器を保有している国は永遠に核兵器を保有し続け、保有していない国は永遠に保有してはいけないというのは、どう考えてもおかしいではないか。日本は世界で唯一の被爆国である。だからこそ平和のために、もう二度と被爆しないためにも核を保有する権利を持っているのである。
日本はいつでも核兵器を作ることはできる。2・3か月あれば作れるのだ。技術も燃料もある。作れるけど作っていないだけなのだ。これだけでも十分な抑止力になるのである。これも原発あっての技術だ。民主党は支持率低下のために、選挙対策で脱原発に舵を切った。アメリカがストップを掛けはしたが、脱原発により日本の世界最先端の原発技術が海外に流出する危機的状況である。この先原発を200~300基建設しようとしている中国は、喉から手が出るほど日本の原発技術を欲しがっているのである。このような日本の誇るべき技術が流出するということは、国家の国益を損なうということである。支持率目当てに国家の行く先を左右する重要な問題を軽々しく口にするのは言語道断である!核というのは確かに恐ろしいものであろう。しかしだからといって逃げてはいけないのではないか?日本民族はそんなに弱い民族か?そんなに情けない民族か?違うであろう!逃げずにしっかりと向き合おうではないか!

images.jpeg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

自分さえよければいい、人のことはどうでもいいとゆう人が増えました。
環境問題、原発の安全性について早急に考えなければなりません。

中国や他国に日本の技術力が売られるようなことがあってはなりません!
経営者も自分のことだけでなく技術者などの従業員のことをもっと考えなければなりません。

日本は資源のない国なので、
原発は必要になりますね!

環境問題

海にいる魚のこと(奇形の魚がいる)海面の温度の上昇についても考えてほしいです。

逃げずに向き合っていく
大切なことですね!

考えは色々ですが、
日本の原発に携わる技術者
もいいかげんなことをせず、
(部品もバラバラについていた)
原発のテロ対策強化や安全を
徹底してほしいですね!

原発に対するマスコミの報道が問題です。
人が暮らしていくためには原発は必要です。

それから、日本はアメリカに頼らず自立して、日本は日本で守るべきではないでしょうか!

即刻廃炉せよ!韓国原発事故「西風2メートル」で九州・四国35万人がガン死する!
 あの大事故から1年半以上経過してなお、いまだ放射能漏れの危険性をはらむ福島第一原発。しかも地震国・日本は、国内各所の原発が新たな事故に見舞われる恐怖を抱えたままだ。そこに追い打ちをかけるように、領土問題で日本にケンカを売る隣国が、あろうことか放射能まで日本にまき散らそうとしている。いったいどういうことなのか。

中古部品が「新品」に化けた

http://www.asagei.com/8629

国内の反原発派はなぜ声を挙げないのでしょうか?
プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR