FC2ブログ

第22回福井県民族派合同街頭演説会に参加

5月27日、毎月第4日曜日午後12時より福井駅前通り繊協ビル横において行われている、福井県の民族派有志一同による合同街頭演説会に参加した。この日は県内の民族派団体である、剛楯会、朝陽社、皇國櫻心會の3団体が参加し、5人の弁士が約2時間演説した。
IMG_20180527_193400.jpg
皇國櫻心會 会長
IMG_20180527_123057.jpg
皇國櫻心會 事務局長
IMG_20180527_124244.jpg
朝陽社 本部長

その他剛楯会会長、朝陽社会長が演説。

その後、福井駅頭のハピリンにおいて、福井藩士で明治維新の先駆者であり、安政の大獄で処刑にされた橋本左内先生のシンポジウムが行われたので参加した。今年は明治維新から150年、そして橋本左内先生の160回忌を迎える年である。この明治維新には、福井藩が密接に関わり、福井藩、薩摩藩、水戸藩、肥前藩によって維新への動きが始まったと言われており、その中でも橋本左内先生の思想は、のちの明治維新やその後の日本に大きな影響を与えたといわれている。明治維新150年の今年、我々も明治維新や福井藩士について今一度勉強し直し、考える1年にしたいと思います。



5月25日は、南北朝時代に後醍醐天皇に仕えていた楠木正成の命日である。楠木正成が祀られる神戸の湊川神社では24日から3日間、楠公祭が行われ、26日には神戸市内で武者行列も行われたようである。楠木正成は、足利尊氏や新田義貞と共に鎌倉幕府を倒し、天皇親政を築いた武将である。その後、南北朝の動乱により、北朝側に足利軍、南朝側に楠木軍と新田軍がつき、戦が続いていた。その様な中で、正成は新田義貞の首と引き換えに足利軍との和解を朝廷に訴えるものの、受け入れてもらえず、謹慎処分となる。その後、義貞が足利軍を打つように命じられるがうまくいかず撤退。よって、正成が呼び戻され、正成は、後醍醐天皇にいったん比叡山に入っていただき、正成、義貞軍で尊氏軍を挟み撃ちにする戦略を朝廷に提案するものの却下され、神戸の湊川で正面から戦うことになる。多勢の足利軍に追い込まれた正成は、近くの民家に駆け込み、弟の正季と共に七生報國を誓い自決した。この戦いが負け戦だと分かっていた正成は、戦の前に家に立ち寄り、息子に別れを告げたと言われている。大阪の桜井駅前には、滅私奉公と書かれた父子別れの石碑が今もある。楠木正成は、まさに、滅私奉公の精神で朝廷に仕えた武将であった。この様な、楠木正成の精神を受け継ぎ、滅私奉公、七生報國の精心で戦争に行った先人たちがいたことを我々日本人は忘れてはならないし、そして今を生きる日本人も、滅私奉公の精神を受け継いでいかなければならないのである。その滅私奉公の精神を一番持たなければならないのは、やはり、国を動かす政治家や官僚であろう。併しながら、ほとんどの政治家にその様な思いなど見られない。私利私欲、党利党略しか考えない腐った政治家ばかりである。その様な政治家は、政治の場から国民の努力で徹底追放し、日本人一人ひとりが奉公の精神を考え直し、将来の日本の為にも、教育の場でもしっかりとそれを子供達に教えていかなければならないであろう。
スポンサーサイト



北陸民族青年会議定例会(勉強会)

5月26日、石川県野々市市にて行われた、北陸民族青年会議の定例会に参加。

執行部、役員等、約10人が参加し、活動報告、今後の活動予定を話し合い、その後勉強会を行った。勉強会の議題は「北朝鮮情勢についてどう考え、日本はどう動くべきか」について。

1527345961827.jpg

平成30年5月定例街頭演説会

5月20日、当会定例街頭演説会を行った。皇國櫻心會は、毎月第3日曜日、午後12時半頃より福井駅前通り繊協ビル横にて定例街頭演説会を行っています。皇國櫻心會への入隊希望、相談、陳情等は、下記の方まで電話かメールでお願いします。
電話 090-2121-9959
メール yuukokukensei-0594@docomo.ne.jp


1526794068605.jpg

扨、安倍政権の支持率低下も、ようやく底を打ったようで、野党各党の加計問題や森友問題、セクハラ問題等の追求もようやくひと段落といったところである。初めに言っておくが、我々は安倍政権の応援団でもなければ、自民党の応援団でもなんでもない。安倍政権の批判もするし、自民党に抗議街宣をかけることもある。慰安婦問題は国民の血税から10億円支払っておきながら何の解決にもなっておらず、政権交代時の選挙公約であったはずの竹島奪還のための国家主催での式典は未だに行われず、中韓に配慮して靖国参拝は1度のみで、問題を常に先送りしながら中韓に媚びへつらう情けない外交には飽き飽きとするものである。併しながら、日本の現状を考えれば、その様なことを言っている余裕など無い。今は我々も耐えて、とりあえず憲法改正を国民皆で議論していかなければならない時であると思うのである。安倍首相の言った自衛隊を憲法に明記するだけの加憲案では不十分である事は明らかだ。併しながら、その加憲案すらも世論調査では賛成反対拮抗しているのが現状である。それだけマスコミや教育現場などで、憲法改正イコール戦争と洗脳されてきた結果であろう。日本人は今こそ、その様な洗脳から目を覚まさなければならない時であると思うのである。中国が軍備拡張を続け、反日国家に取り囲まれた日本が、いつまでも戦争反対、平和を守ろうと叫びながら、アメリカに頼っていれば平和が保たれるような時代は終わりつつある中で、国民一つとなって平和を守る為の憲法改正議論が必要である。右も左も関係ない。それでも憲法改正に反対するならば、中国や北朝鮮、韓国の手先という事である。向き合いたくない現実かもしれないが、そこから目を逸らしてはならないのである。現実と向き合い、日本の平和を守る。それはすなわち、日本の國體や伝統文化を護るという事である。先の大戦で戦争に行った先人達もその様な思いで、戦地に向かったのである。当たり前に平和であるような日本であるが、当たり前に平和が保障されているものではない。国民皆で努力して、国の平和も歴史伝統文化も護っていかなければならないのである。

福井県民族派有志、福井県庁前街頭演説会に参加

5月14日から18日までの5日間、昼の12時から13時までの1時間の間、朝陽社会長の呼びかけで、福井県庁前にてハンドマイクによる街頭演説会を行った。この場所は、毎日昼の時間帯と、毎週金曜日、反原発左翼に占拠され、反日活動の拠点となってきた。反原発のみならず、安倍政権批判や、改憲阻止等を訴え、のぼりや横断幕を不法に設置したり、活動許可時間外でもそれを放置したり、無法地帯と化していたのが現状である。県側は、県庁前の景観を損ねると、活動自粛を要請したが、逆に猛反発し、県に対する批判も強めた。我々は、少しだけでもその様な状態を阻止しようと、1週間の間、県庁前の街宣許可を取り、街頭演説会を行った。

朝陽社、剛楯会や、その他民族派が参加。皇國櫻心會からも、局長が月曜、火曜、会長が水曜、金曜日に参加した。


1526622791472.jpg

日中韓首脳会談徹底抗議街宣

5月9日、我が国の安倍首相が議長となり、中国の李克強首相と韓国の文在寅大統領が参加する日中韓首脳会談が東京赤坂の迎賓館において行われた。今回の日中韓サミットは、北朝鮮の核ミサイル問題が一番の焦点であったようで、米朝会談を控える時でもあった為、日中韓の友好関係をアピールするものとなったようであるが、我が国にとって北朝鮮の核ミサイルも脅威ではあるが、既に我が国に核ミサイルの照準を向け、軍備拡張を続けながら我が国の領空領海を脅かし、挑発を続けながら侵略を企んでいる中国のほうがもっと脅威である。また、韓国は我が国固有の領土、竹島を占拠したまま返さず、慰安婦問題や徴用工問題、歴史問題で全世界を巻き込んで国家を挙げての反日工作を行っている。その様な中国や韓国との一番話し合わなければならない問題は先送りにされ、友好をアピールしたようであるが、問題の先送りは何の解決にもならず、反日行為、挑発行為が繰り返されていくだけである。

この様な中国や韓国とは国交断絶すべきであると訴え、我々は北陸民族青年会議の日本再建の会北陸本部の同志と、福井県の友好団体、剛楯会の同志と共に東京都内において抗議活動を行った。都内を流し街宣し、迎賓館近くの四谷交差点にて徹底抗議。警視庁より音量警告を受ける。

その後急遽、都内を中心に愛国活動を行っている、国防藤心同友社と正心同志社の同志の方々と共闘して街宣活動させてもらう事となり、日中韓首脳会談が行われた迎賓館周辺や、韓国大使館、中国大使館、ロシア大使館、アメリカ大使館、朝鮮総連、自民党本部、民進党、テレビ朝日、その他各省庁や、日韓首脳会談が行われた帝国ホテル周辺にて抗議街宣活動を行った。

1525851564605.jpg

IMG_20180509_133918.jpg

IMG_20180509_135423.jpg

その後、靖國神社を皆で参拝し、我々は帰路につく。国防藤心同友社、正心同志社の同志の方々は、その後の日中首脳会談へも抗議活動を行ったようです。国防藤心同友社並びに正心同志社の皆様、御疲れ様でした。また、有難う御座いました。

中国と我が国が日中平和友好条約を締結してから今年で40年を迎える。併しながら、その様な平和友好条約の名目とは裏腹に、我が国の主権を脅かし、平和を脅かす行為を続け、しかもそれが少しずつエスカレートしてきていることは明々白々である。空母も次々と建造し、益々我が国の主権が脅かされることになっていく事は間違いない。その様な状況の中での首脳会談であったが、ほとんどが北朝鮮問題に割かれた。安倍首相は、日中韓首脳会談でも拉致問題を取り上げ、協力を求めたようであるが、中韓は、北朝鮮側は「なぜ日本は直接言ってこないのか」と言っていると発言したとのことである。武装した誘拐犯が、警察にも周りにも誰にも言わずに、金を持ってこい!そうすれば帰してやる!と言っているようなものであるが、憲法9条に縛られている我が国が、拉致問題を解決する方法は、情けないことではあるが、金で解決するか、アメリカの圧力によって取り返してもらうかのどちらかしかないのが現状だ。北朝鮮で拘束されていた3人の米国人が解放されたが、やはり強い軍事力と外交がセットでなければ、拉致されたり拘束された国民を救出することは出来ないのである。それは世界の常識であり、すなわち我が国の憲法では国民の生命、安全は守れないということである。アメリカは拘束された国民を救出できるのに、何故我が国は出来ないのかということが国会でも議論されれば、自ずと憲法改正が必要であるとの議論になっていくと思うものであるが、ほとんどの野党はその様な議論を行おうとはせず、加計問題やセクハラ問題に明け暮れ、安倍潰しに必死である。野党の極左政党には、北朝鮮とパイプを持つ議員が多数存在しているが、拉致問題を解決しようという思いは微塵も見られない。その様な連中が平和を守ろうだの、9条を守ろうなどと言っているが、我が国の国民の事を考えて言っているとは到底思えないのである。

中韓と国交を結んでいても、百害あって一利なしである。反日国家中国、韓国とは国交を断絶するとともに、中国や韓国、北朝鮮の手先となって、我が国の解体を企む極左議員を国民の努力で政治の場から追放していこうではありませんか。

皇都巡拝、及び新橋にて街頭演説

5月9日から行われた、日中韓首脳会談に抗議活動を行うため、我々は北陸民族青年会議の日本再建の会北陸本部の同志と共に8日より上京し、8日朝より皇都の神社を巡拝した。
1525851494346.jpg
まず、松陰神社参拝。
1525851498629.jpg
東郷神社参拝
1525851501856.jpg
靖國神社参拝
IMG_20180508_113412.jpg
遊就館見学
1525851522392.jpg
その後、新橋のSL広場にて、北陸民族青年会議街頭演説会を行った。
1525874736693.jpg
皇國櫻心會 會長 天谷
IMG_20180508_153645.jpg
皇國櫻心會 事務局長 岡本

その後、両国の焼き鳥屋にて一献。力士の姿も見られた。
1525851552198.jpg
9日の朝、浅草の浅草神社参拝。来週は三社祭が行われるようです。

5月3日憲法改正を訴える啓蒙活動

5月3日は憲法記念日である。現在の日本国憲法は、昭和22年の5月3日、GHQの占領統治下のもと、施行された憲法である。日本が占領されていた時期であり、国の体を成していない状態で何故憲法が作れるのかと思えなくもないが、一応は議会を通じて、天皇陛下の御名御璽によって制定された。併しながら、その内容は日本を骨抜きにし、2度と白人国家に刃向わせないような意図が込められたものであった。憲法前文や9条を見ればそれが明らかである。しかし、敗戦した日本は、その様な押し付け憲法に反対する事は出来なかった。その後、昭和27年4月28日に、日本は占領統治から解放され、主権が回復するが、その後すぐに朝鮮戦争が勃発。その後冷戦へと突入していくわけであるが、アメリカは武力解除させた日本に、最低限度の再軍備を指示し、自衛隊の前身である警察予備隊が結成され、そののちに自衛のための戦争までをも放棄するものではないという憲法解釈変更によって自衛隊が結成される。戦前の日本は、いろいろ戦争もしたが、手を焼いていたのが、共産主義の国際組織であるコミンテルンであった。その防波堤として、朝鮮半島や満州は最重要地域であり、侵略の目的ではなく、自立した近代国家となれるように、日本も多額の金を注いだのである。その様な中で、コミンテルンのスパイが多数米国にも送り込まれ、当時のルーズベルト大統領の側近にまでスパイが入り込み、ルーズベルトに洗脳工作を行っていた。大東亜戦争も、コミンテルンによって仕掛けられたものでもあったのである。米国と日本が戦争するように仕組んだのだ。朝鮮戦争が勃発し、その様な共産主義思想や共産主義組織との戦いに気づいた米国は、日本に再軍備を要求してきたのである。併しながら、米国が日本弱体化政策の一環として行った、教育界やマスコミに多数の左翼を送り込み、日本人を洗脳させる為の工作によって、すでに日本には赤旗がなびき、憲法改正を口にすることも出来ない空気が作られていった。自衛隊は憲法違反であると左翼が次々に訴訟を起こし、自衛隊の解体を求める集会なども開かれた。近年になって、大震災などでの自衛隊の活躍がマスコミも大きく取り上げるようになったが、一昔前は、何処のマスコミも一切報じず、阪神大震災の時の首相であった村山富一は、自衛隊の出動をためらったとも言われている。それだけ軍隊イコール悪、軍隊イコール戦争と洗脳され、平和憲法9条によって日本の平和が保たれていると信じ込んできた日本人も多数存在してきたのも事実である。併しながら、近年の中国の軍備拡張や尖閣周辺での挑発行為、北朝鮮による核やミサイルの脅威、露西亜による領空侵犯や、北方領土への軍事基地建設など、日本の周辺諸国による脅威が高まり、平和が脅かされそうになっている状況下で、憲法改正の必要性が高まっていることは明らかであり、政治家もその危機を訴え、そして国民もそれを理解し、衆参どちらも憲法改正発議が可能な状態にある。併しながら、ただただ安倍政権潰し、改憲潰ししか考えない無責任で低能な野党議員によって、年内の改憲発議は困難になりつつある状況である。

我々は5月3日、県内の民族派団体である、剛楯会、朝陽社の同志と共に、憲法改正の必要性を理解してもらうための街宣活動を、福井市内において行った。


IMG_20180503_140725.jpg
まず、午前11時より福井駅前通り、繊協ビル横にて街頭演説を行い、4人の弁士が約1時間演説。
1525350873614.jpg

1525350877459.jpg
その後、共産党系の護憲集会の会場へ
1525350883265.jpg
福井県自治会館で行われた護憲集会には、元ミニスカ右翼から左翼になった雨宮かりんがゲストで参加していたようである。我々は、会場前にて街宣車とハンドマイクによる街宣活動を行った。
IMG_20180503_134658.jpg

憲法改正すると戦争になると言う者がいるが、全くのデタラメである。特に、自衛隊を憲法9条に明記するだけの加憲では、今と何も変わらない。それだけで戦争が始まるかのような主張は馬鹿げている。我々は、憲法9条を1項はそのままでもよいが、2項は全面改正し、自衛隊を国軍とし、自分の国は自分で守れる体制を作り上げるべきであると考える。それが主権国家として当然の義務であるからだ。日本が望まなくとも、他国が侵略してきた時は、我々日本人は一つとなり戦わなければならないのである。そうさせない為にも、軍隊による抑止力によって平和を守らなければならないのである。平和を守る為の憲法改正を、国民総意のもとで実現していこうではありませんか。
プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR