FC2ブログ

北朝鮮によるミサイル発射に対する抗議及び啓蒙活動

 8月29日、早朝5時58分、北朝鮮は中距離弾道ミサイルを発射し、北海道と青森の間を通過させて西太平洋に打ち込んだ。今回の中距離弾道ミサイルの発射は、事前通告無しの発射であり、付近を航行している船舶や航空機に当たる可能性も十分に考えられたわけであり、我が国の平和や安全を脅かす行為であることは明白である。多くの日本人が北朝鮮に対し、憤りを覚えたことであろう。我々はこの様な北朝鮮の暴挙に対し、徹底抗議すると共に、日本の国防体制の確立を訴える緊急街宣活動を行った。
1504152462512.jpg
まず、福井駅前通りにて啓蒙街頭演説を行う
皇國櫻心會 事務局長

1504152470694.jpg
皇國櫻心會 会長

 未だに北朝鮮との対話を訴える国会議員や左翼マスコミが多数存在するが、一党独裁の北朝鮮に対話を呼びかけたところで、意味がない事はもう充分日本人は理解してきたはずである。身内や側近までをもいとも簡単に殺してしまう恐怖独裁政治を行い、軍事力によって国民を統制する北朝鮮が、対話によって核やミサイル開発を止めることは、ほぼ100%無いと言っても過言ではないであろう。その様な中で、日本人が考えなければならないのは、日本にミサイルを打たせない体制を作る事である。予告していたグアム方面ではなく、北海道、東北方面を狙ったのは、日本が怖くないからである。日本に万が一ミサイルが落下しても、日本は何もしてこないと読んでいるからである。日本も舐められたものであると情けなくなるが、この様な状態を放置すれば、我が国の安全や平和が益々脅かされていく事になる事は間違いない。国防について、今こそ日本国民は真剣に考えなければならない時である。

1504152485233.jpg
その後、朝鮮総連福井県本部前にて抗議文を読み上げる。
1504152488305.jpg
抗議文を受け取りに出てこい!と叫んだが、出てこないのでポストに投函。
1504152516255.jpg
日本に住んでいる在日北朝鮮人は、北朝鮮が行っていることがどれだけ無謀で、母国の市民を苦しめているかを十分に理解している筈であるが、それを無謀と言えないのが独裁国家である。日本人拉致にも深く関わり、国交も無く、有事になれば戦闘員と化す北朝鮮の直轄機関が何故日本に存在し続けられるのか不思議でならないものである。
IMG_20170830_192516.jpg

スポンサーサイト

第14回福井県民族派合同街頭演説会

8月27日、福井駅前通りにて行われた、福井県の右翼民族派有志による合同街頭演説会に参加。福井県民族派合同街頭演説会は、毎月第4日曜日午後12時より福井駅前通り繊協ビル横にて行っています。今回は県内の3団体が参加し、5人の弁士が約2時間演説し、教育問題や領土問題、慰安婦問題や徴用工問題、自民党の体たらくや憲法改正について等々、様々な問題を訴えていた。
1503817468091.jpg
皇國櫻心會 会長
1503817460260.jpg
皇國櫻心會 事務局長

その他弁士
 剛楯会 会長
 朝陽社 本部長
 朝陽社 会長

我々は今後も、様々な問題を様々な視点から考え、それをもとに行動し、警笛を鳴らし続けます。マスコミの報道しない世の中の裏事情や真実も発信し続けます。共に日本の行く末を憂い、共に日本の未来を考えていこうではありませんか。

平成29年8月定例街頭演説会

8月20日、福井駅前通り繊協ビル前にて、午後12時半より皇國櫻心會の定例街頭演説会を行った。皇國櫻心會は毎月第3日曜日に定例街頭演説会を行っています。誰でも参加自由ですので、気軽にお声掛け下さい。今月は会長 天谷のみの演説でしたが、その他応援参加して下さる方や、声をかけてくれる人もいました。有難う御座いました。
また、皇國櫻心會への質問、相談、陳情等は、下記の方までメールか電話でお願いします。
電話 090-2121-9959
メール yuukokukensei-0594@docomo.ne.jp


1503306422231.jpg

扨、まだまだ暑い日が続いてはいるが、お盆も過ぎ今年の夏も終わりをつげようとしている。今年の夏も多くの日本人が終戦の日に靖国神社を参拝し、静かに黙祷を捧げている姿を見て、日本もまだまだ捨てたものではないと実感したわけではあるが、それと同時に、日本はまだまだ戦後のアメリカによる呪縛から抜け出せていないなと実感した夏でもあった。河野外相と小野寺防衛相は、2プラス2の会合の為に渡米し、そのついでにアメリカ軍の殉国者追悼施設であるアーリントン記念墓地にて献花したようであるが、今年の終戦の日には、安倍内閣の閣僚の中で、誰一人として靖国神社を参拝する者はいなかった。かつての敵も今では同盟国であり、お互いを讃えあい、米軍の殉国者の慰霊施設で献花することは否定しない。併しながら、自国の国難の時に立ち上がり、命をかけて戦った国内の殉国者に感謝の気持ちも持っていないような者たちが、何を思って嘗ての敵国の軍人の慰霊をするのかと思うのである。日本だけが悪うございましたと思っての献花か?日本の悪い軍人が殺してしまってごめんなさいと謝っての献花なのか?2度と過ちは繰り返しませんと思っての献花か?IS等は別として、戦争にどちらか一方だけが正しく、どちらか一方だけが間違いである筈がない。ましてや、そこで戦っている軍人は其の戦いが正しいと思って戦っているのであり、国の為、故郷の為、家族の為に命をかけて戦うのが戦争である。かつての大東亜戦争も同じである。日本を護る為の自存自衛の戦いだったのである。それを、戦勝国が勝った方が正しく、負けた日本だけが悪かったという物語を作り上げ、日本人を洗脳したのである。その様な洗脳から、いい加減に日本人は目覚めるべきであろう。戦後レジームからの脱却を訴えていた安倍首相は、見事に戦後体制に染まっているが、国民一人ひとりが正しい歴史を学ぶことから始めなければ、日本の夜明けはないであろう。

大東亜戦争終戦の日、靖国神社参拝

大東亜戦争の戦闘終結の日である8月15日、我々は大東亜戦争や国難に殉じて命を捧げられた英霊の方々に感謝と追悼の誠を捧げる為、大日本愛國團體聯合・時局對策協議會の同志と共に靖国神社を正式参拝した。
1502770343926.jpg
その後靖国神社内で、正午の黙祷と、天皇陛下の御言葉を拝聴し、今年の靖国神社参拝を終える。

その後、東京大神宮を参拝したが、東京は猛烈な雨となった。今年の終戦の日には、首相を始め、閣僚も誰一人として靖国神社を参拝することは無かった。中国や韓国に配慮し、これ以上の支持率低下を防ぐ為らしいが、靖国神社には何十万人もの人が参拝し、全国の護国神社や慰霊碑などでも慰霊祭が行われ、そこに多くの人が足を運んだ。それは英霊の方々への感謝と、平和への祈りである。それを国を代表する者たちが、特定亜細亜の2か国と反日マスコミに屈して行わないことは異常と言う他ない。今年の雨は天の怒りと英霊の方々の怒りの雨であったのだろう。

2日間に渡りお世話になりました、時局對策協議會の皆さん、誠に有難う御座いました。



皇都巡拝

終戦の日の靖国神社参拝の為、我々は前日の8月14日より上京し、大日本愛國團體聯合・時局對策協議會の福田議長や同血社の下山氏に案内して頂き、皇都の神社等を巡拝した。

FB_IMG_1502750992725_20170816081223403.jpg
先ず、宮城前広場の楠正成像前で福田議長と下山氏と合流
FB_IMG_1502750985686.jpg
宮城遥拝
IMG_20170814_123435.jpg

IMG_20170814_123608.jpg
和気清麻呂像を見学
1502750726971.jpg

FB_IMG_1502750938360.jpg
皇城之鎮、日枝神社参拝
FB_IMG_1502750946411.jpg
乃木神社参拝
FB_IMG_1502750950790.jpg
明治神宮参拝
FB_IMG_1502750955112.jpg
東郷神社参拝
FB_IMG_1502750958980.jpg
愛宕神社参拝

その後、夕方より行われた時局對策協議會の定例会と懇親会に参加させて頂く。大変勉強になり、有意義な1日でした。

反ロシアデー福井街頭演説

 72年前の今日、8月9日、アメリカは広島に続き長崎にも原爆を投下した。この原爆投下は、2種類の爆弾を使ったことからも、日本人の命を使っての人体実験であったと言われると同時に、旧ソ連への威嚇であったと言われている。その時、日本は大東亜戦争の敗戦は濃厚といわれており、どう終戦に持っていくかを探っている状況で、当時の同盟国であるソ連が仲裁に入っての講和を考えていた。併しながら、ソ連はそのような気などさらさら無く、日本への侵略を企んでいたのである。同盟国であったはずのソ連は、アメリカの2発の原爆投下と同時に北方の島々に侵略を開始した。今の日本で考えれば考えられないような事かもしれないが、それが世界の現実である。最近、イギリスやアメリカのように、自国第一主義が目立つようになってきたが、それは今も昔も変わらない、世界は腹黒いものなのである。最近の日本では、手を挙げればすぐに逮捕であり、学校教育でも暴力はいけません、話し合いで解決しましょうと教えられるが、世界の外交はほぼ暴力と対話の同時並行で行われているのである。何事も話し合いでと教えられた子供が大人になり、外交も対話の努力でと言っている者が政治家にまでいるが、そのような対話の努力で簡単に解決できるほど、領土問題もその他の外国問題も単純なものではない。そもそも、現在ロシアは我が国に核ミサイルの照準を向けており、北方4島にも軍事基地を建設中である。武力を背景に対話をしてきているロシアに対し、日本は丸腰で金だけを餌に交渉してきた。結局のところ、日本は其の餌だけを取られる始末である。この様な軟弱外交しかできない日本の外交を、日本人は情けないと思わなければならないのである。それは日本政府が悪いのでも自民党が悪いのでもない。そのような外交しかできない体制を作ったのはアメリカである。それを変えようとしてこなかった日本人皆が悪いのである。北方領土の奪還を1日も早く実現する為にも、日本を主権国家として当たり前の体制に作り変えていくことから始めなければならない。民進党からは細野も離党し、党首選で枝野が勝てば、いよいよ民進党も解党となってくるであろう。共産党とまで手を組んで亡国にひた走る政党などもう必要はない。日本人の平和や安全を現実的観点からしっかりと議論できる国会になることを我々は強く望むものである。
 長崎市長は原爆慰霊祭にて、政府に核兵器削減の国際議論に参加するよう求めたようであるが、現時点で多数の近隣諸国が我が国に核兵器の照準を向けている中で、核兵器を無くしましょう等といったお花畑のような議論に参加できるような状況でない事は明らかである。核兵器が嫌ならば、中国や北朝鮮やロシアに対して言えと言いたい。憲法9条が大好きなら、中国や北朝鮮やロシアに対して憲法9条を採用してくれと言って来いと我々は言いたい。只々、日本国内のみで、核兵器反対、戦争反対という発言は無責任極まりない発言である。

我々は8月9日、午後5時頃より、福井駅前通り繊協ビル横にて街頭演説会を行った。

IMG_20170809_191346.jpg

第8回反ロシアデー富山県大会

8月9日は日本人が記憶に留めておかなければならない重要な日である。72年前の8月9日、当時準同盟国であった旧ソ連が、日ソ中立条約を一方的に放棄し、大東亜戦争敗戦濃厚であった我が国に対し宣戦布告し、火事場泥棒の如く北方の島々に侵略を始めたのである。この侵略によって、老若男女問わず多くの市民が犠牲になった。樺太からの婦女子を乗せた引き上げ船がソ連側の攻撃によって海に沈められたりもした。このような鬼畜ロシアから北方領土を取り返すことは容易ではないことは我々も理解している。プーチンが来日して北方領土の2島が還ってくると浮かれていた日本が、1島も取り返せず、経済協力という名目で金だけ取られたことは記憶に新しいと思うが、金で売り買い出来るほど単純ではないのが領土問題なのである。竹島問題も同じであるが、領土問題は、国の国益に直結する問題であり、また領土を守り、不法に奪われた領土を取り返すことは主権国家として当然の義務である。領土問題を疎かにする国ならば、国民の生命、安全などどうでもよいと言っているのと同じである。たとえ北方領土奪還が容易でなくとも、日本人は声を上げ続けなければならない。還ってくるその日まで声を上げ続けなければならない、我々は北陸民族青年会議の同志と共に、北方領土の1日も早い奪還を願い、北方領土の元島民が全国で2番目に多く住む富山県において、反ロシアデー啓蒙活動を3日前倒しして8月6日に行った。
1502014214509.jpg
神通川河川敷に北陸民族青年会議の7団体が集結
1502013035807.jpg
猛烈な暑さの中、10時より出発式。富山は分からないが、この日福井の最高気温は38度もあったようである。
1502012641013.jpg
その後市内を流し街宣し、領土問題や国防問題を訴える。
1502013077771.jpg
その後富山県護国神社を参拝。
1502013109821.jpg
英霊の方々に感謝の誠を捧げ、北方領土奪還と、日本再建を宣誓する。
1502013117558.jpg

1502013138997.jpg
その後富山駅前と大和前にて2か所同時街頭演説を行う。
皇國櫻心會 天谷会長

1502013141584.jpg
皇國櫻心會 岡本事務局長
1502013148933.jpg
皇方朋友社 網渕代表
1502013160530.jpg
皇方朋友社 塩原時局対策委員長
1502018263904.jpg
大和前演説会
 皇方朋友社 的場行動隊長
 北雷社 辻本総隊長
 尊皇國志隊 後藤総隊長
 日本再建の会 柿田統括委員長
 北雷社 坂本社主


解散後、皇國櫻心會は越中一宮高瀬神社を参拝し、帰福。暑い中参加された各団体の皆様お疲れ様でした。

参加団体
 皇國櫻心會
 皇方朋友社
 国粋青年隊北陸本部
 尊皇國志隊
 大日本天神会総本部
 大日本大和民族同志社
 日本再建の会北陸本部
 北雷社総本部

不二越訴訟を支援する北陸連絡会及び来日韓国人徹底糾弾

7月31日、富山県の企業である不二越本社前において、戦時中の徴用工が強制労働を課せられ、未払いの賃金があると訴えている中核派を中心とした不二越訴訟を支援する北陸連絡会や、愛知、関西方面の労組や極左が参加しての不二越に対する賠償要求街宣活動が行われ、今回は韓国からも20人程の韓国人高校生や引率者も参加していた。この徴用工の強制連行問題は、元労働者の証言のみがあるだけで、1つの証拠も残っておらず、嘘、捏造の不当要求である事は明らかである。去年、長崎の軍艦島がユネスコの世界記憶遺産に登録されたわけであるが、韓国側はそれに反発して軍艦島の当時を描いた映画を製作し、それが注目を集めているようであるが、それも捏造だらけである事は当時の軍艦島を知る日本人が証言している。証言だけで歴史を語れるなら、所謂従軍慰安婦問題も徴用工問題も無かったと証言してきた日本人は山ほどいるのである。このような不当な戦時賠償要求にいつまでも日本人は屈し、謝罪や賠償を繰り返すわけにはいかない。今こそ国民皆で抗議の声をあげようと、我々は北陸民族青年会議の同志と共に徹底糾弾街宣活動を行った。
IMG_20170731_220844.jpg
日本人をなめるな!櫻心會は今回も徹底糾弾
IMG_20170731_220819.jpg
皇方朋友社も徹底抗議
1501498420022.jpg
北雷社、日本再建の会も徹底抗議!
1501498443407.jpg
多数の警察官に守られる朝鮮人。今回は不二越の近所の人も日の丸を持って抗議の声を上げていた。通りかかった多くの人や学生たちも、韓国人に白い目を向けていた。当然である!
1501498408654.jpg
日本人高校生に白い目を向けられ下を向く韓国人高校生達。日韓友好平和親善大使として来日している筈が、反日教育の実習を受け、益々日本が嫌いになったことであろう。本当の歴史を知り、このような実習は間違いであると気付いてくれる日が来てくれるといいのであるが・・・
1501498254381.jpg
今回も音量警告をきられ、近隣住民の皆様には大変ご迷惑をお掛けしましたが、今こそ国民は心を1つにして、声を大にして抗議の声を上げなければならない時である。これ以上、嘘捏造の歴史による慰安婦少女像や徴用工像を建てさせるわけにもいかない。国民皆が立ち上がろうではないか。
プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR