FC2ブログ

昭和の日啓蒙街頭演説

4月29日は昭和の日である。激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を鑑み、国の将来に思いをいたす日として定められ、今年で11回目の昭和の日を迎えた。
我々はまず福井県護国神社を参拝した。護国神社では、毎年恒例の赤ちゃんの泣き相撲大会が行われており、露店も出て多くの人で賑わっていた。力士に持ち上げられた赤ちゃんが号泣きしてました。笑

その後福井駅前通り繊協ビル横にて啓蒙街頭演説を行った。

DSC_0473_2017043014424836e.jpg
事務局長 岡本
1493529008505.jpg
会長 天谷

扨、この日には今年も極左団体である反天皇制連絡会によるデモ行進が東京で行われたようであるが、いまだに昭和天皇を独裁者と位置図け、戦争犯罪者に仕立て上げようとする連中が存在することは本当に残念なことである。また、アメリカによって行われたとされている、ウォーギルトインフォメーションプログラムによる日本人洗脳工作によって、戦前は昭和天皇による独裁国家であり、昭和天皇が日本を侵略国家へと導いたのであり、それをアメリカが打ち倒し、民主国家へと作り変えたと洗脳され、それを信じ込んでいる日本人も多数存在しているのも現状である。併しながら、それは戦後にアメリカや左翼によって作り上げられた捏造であるということを日本人であるならばしっかりと理解しておかなくてはならないと思うのである。戦前であれども、内閣があり、政治家と軍部によって戦争するかしないかを判断していたのであり、天皇陛下の判断によって戦争するかしないかを決めていた訳ではない。昭和天皇は常に戦争には反対されていたといわれている。原爆も完成間近であったにもかかわらず、昭和天皇はその様な爆弾は作るべきでないと言われたようで、それをうけて原爆製造も中止にしたといわれてもいる。助言を行う程度の事はあったであろうが、国の最高決定機関は内閣であり、国家元首である天皇陛下は政府の決定を承認していただけである。それは今も昔も変わらない。常に日本人や世界の平和安寧を祈り、祭祀を続けてきたのが皇国日本の天皇陛下であり、昭和天皇も同じである。昭和天皇を独裁者と考えていたアメリカも、日本占領後、すぐにそうでは無かったということを理解する。日本人が古来から信仰してきた神道、そしてその八百万の神々を司る天皇陛下。その神道を破壊し、天皇陛下と国民を分断することも企んだアメリカであったが、流石にアメリカであっても、それは出来なかったのである。それが歴史の重みである。
昭和の日を通じ、その様なことを今一度考え直してもらいたいという思いで、街頭演説を行った。

5月3日は、午後12時半頃より福井駅西口広場、ハピリン前にて憲法改正を訴える街頭演説会を行う予定です。また5時前頃より、同場所にて護憲派デモ隊に対するカウンター抗議を行う予定です。なぜ今憲法改正が必要なのか共に考えようではありませんか。
スポンサーサイト

民進党野田幹事長来県徹底抗議街宣

4月22日から23日にかけて、民進党の野田佳彦幹事長が福井に来県し、次期衆院選を見据えてのマスコミ訪問や会食、講演会などを行うということで、我々は23日に越前市内と敦賀市内において、剛楯会と、朝陽社の同志の皆さんと共に徹底糾弾街宣を行った。野田佳彦幹事長は、民主党政権時代の元総理大臣であり、一度は国民の生命を預かった立場である。何故民主党が国民からノーを突きつけられたのかを一番理解している筈であり、民進党となった今も尚支持率が低迷し続ける原因を本人は理解している筈である。併しながら、先週の世論調査で支持率が下がった原因を問われると、長島昭久が離党し、細野豪志代表代行が憲法改正案を発表し代表代行を辞任したのが原因であると発言しているのである。馬鹿なことを言うなと我々は言いたい。支持率が下がったのは、長島が離党し、細野が辞任したからではない。長島や細野の記者会見での発言が正しいと国民が思ったからであり、民進党にはとてもではないが政権を預けられるような政党ではないと判断している証である。野党と言えども、民進党は野党第1党であり、自民党に対案を出しながら、国民の生命や安全、平和を守る責務がある。併しながら、野党になった後の民進党は、只々反対するだけの政党に成り下がり、国民無視で、党利党略ばかりを考え、共産党とまで手を組んでいる始末である。この様なもので国民から支持されるはずもないのである。

我々はまず、越前市内の立正佼成会に野田幹事長が入るということで、その周辺にて抗議街宣を行った。

IMG_20170424_180641.jpg
会場入りと出るときは徹底抗議。近隣住民の皆様にはご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。
IMG_20170424_180421.jpg
約1時間抗議活動を行った後、次は越前市役所近くの料亭で越前市長と会談するということで、料亭へ向かい、福井県警のバリケード前にて徹底抗議を行った。毎回抗議活動のたびに警告を切られ、警告櫻心會とも言われている皇國櫻心會ですが、今回は音量測定の機械が壊れていたのか?よく分かりませんが、久しぶりに警告を受けずに済みました。

その後敦賀市内において野田幹事長の講演会が行われるということで敦賀へ向かう。

IMG_20170424_180545.jpg
会場となったニューサンピア敦賀前にてハンドマイクによる街宣活動を朝陽社の同志の皆さんと共に行った。
DSC_0467.jpg
その後、敦賀市内のショッピングセンター近くで啓蒙街頭演説を行う。
DSC_0463_20170424191422948.jpg
嘗て民主党政権時代に、東日本大震災により止まった原発を、いち早く日本の為に再稼働させてくれと福井県に頼んできたのは野田元総理である。その野田が原発反対の蓮舫代表の使いでよく福井県に来れたものだと思うのである。ましてや、原発が立地する敦賀において講演会を行うというのであるから、福井県民も馬鹿にされたものである。北朝鮮問題で、国防や安全保障について国民の関心が高まっている今も尚、その様な議論を行おうともしない、自らの政党の過去にも目を向けず、私利私欲、党利党略に明け暮れる。この様な民進党の崩壊の日は近いのかもしれない。

平成29年4月定例街頭演説会

4月16日、福井駅前通りにて定例街頭演説会を行った。皇國櫻心會は、毎月第3日曜日午後12時30分より、福井駅前通り繊協ビル横にて定例街頭演説会を行っています。興味のある方は気軽にお声掛け下さい。

また、皇國櫻心會への入隊希望、相談、陳情等は下記の方までメールか電話でお願いします。
電話 090-2121-9959
メール yuukokukensei-0594@docomo.ne.jp


IMG_20170417_143023.jpg
皇國櫻心會 会長 天谷
IMG_20170417_143050.jpg
皇國櫻心會 事務局長 岡本

扨、北朝鮮の核ミサイル挑発問題で緊迫度が増している。米国は艦隊を朝鮮半島沖に派遣し、もし北朝鮮が核実験を強行すれば、いつでも攻撃を加えられる体制を整えた。空母を含む大規模艦隊も朝鮮半島に向かっているようである。いつ戦争が起こっても不思議ではない緊迫した情勢である。トランプ大統領は、米中首脳会談で、北朝鮮の核やミサイルによる挑発をやめさせないならば、直ちに軍事行動に出ると習近平に伝えたようで、米中首脳会談中にシリアを攻撃したことからも、トランプ大統領の本気度が覗える。その様な中で、中国は必至で北朝鮮を説得しているのであろうが、それに易々と金正恩が従うかどうかは予測不能である。昨日の早朝にも、失敗したようではあるが、ミサイルを発射している。アメリカは軍事行動は執らなかったものの、核実験を行い次第、軍事行動を執ると断言している。もし、米朝戦争に発展すれば、我が国も他人ごとでは済まされない。我が国に核ミサイルや、化学兵器が撃ち込まれる可能性は大である。米軍基地があるから標的になるのであって、直ちに米軍出ていけと言って沖縄で抗議している左翼もいるのであろうが、北朝鮮がもし核実験を行えば、一目散に沖縄から逃げ出すのであろう・・・今まで安倍打倒、改憲反対、9条護持を唱えていた左翼マスコミのコメンテーター達も、理想と現実の狭間でトーンは下がり、言葉を濁している。その様な中で、国民の国防についての関心が高まっていることは間違いないであろう。もし有事になれば、憲法がどうとか、法律がどうのこうのと言っている場合ではなく、総理大臣と防衛大臣が筆頭になり国民の生命や安全を守る為にあらゆる行動に移ることになるのであろうが、そうなる前に国会でもしっかり議論し、体制を整えなければならない。多数の死傷者が出てから議論しているのでは遅いのである。憲法改正も含め、国民皆が真剣に考えなければならない時である。

第7回北陸民族青年会議定時総会

4月2日、石川県護国神社にて、第7回北陸民族青年会議定時総会を執り行った。
1491141877733.jpg
諮問機関委員の先生方、及び執行部役員など約20人が参加。
1491141816122.jpg
開会の辞 皇國櫻心會 岡本事務局長
1491141839755.jpg
総会執行委員長挨拶 皇國櫻心會 会長天谷

諮問機関委員挨拶 皇方朋友社 竹内最高顧問

議長挨拶 北雷社 坂本社主

閉会の辞 尊皇國志隊 後藤総隊長

1491141896872.jpg

1491141906711.jpg
その後、石川県護国神社を正式参拝。

護国神社宮司の話では、英霊の方々の遺族の方々も高齢となられ、護国神社の意味合いを理解している若者も減少傾向にあるとのことである。平和に平和を重ねた日本において、何故かつて日本は戦争をしなければならなかったのかということすら、分からなくなっている日本人が増えている。我々北陸民族青年会議は、英霊の方々の思いと行動を強く胸に刻み、その行動を無駄にすることなく、日本再建の為、今年度も誠心誠意愛国活動に邁進していく所存でありますので、今年度も御理解、御協力、御賛同の程宜しく御願い致します。
プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR