FC2ブログ

不二越訴訟原告団に対する徹底糾弾街宣富山

2月24日、富山県の企業である不二越の株主総会が富山市内において開かれた。この株主総会に合わせ、戦時徴用で強制連行や強制労働、賃金の未払いがあると訴える、原告が韓国より来日した。この原告の中のキム ミョンベという男が、株主総会に出席し、謝罪と賠償を求めたようであるが、総会の目的に合致しないと拒否されたとのことである。
それに引き続き、25日も不二越正門前にて、原告や在日、中核派などによる街宣活動が行われるということで、我々は北陸民族青年会議の同志と共に不二越前にて徹底糾弾街宣を行った

1456396158913.jpg
金沢翼賛会、皇國櫻心會、皇方朋友社、日本再建の会北陸本部が参加。
1456396153910.jpg
正門前では徹底糾弾街宣を行う。
_20160225_212953.jpg
ヘイトスピーチをヤメロといったプラカードを我々に突出し挑発してくる輩もいたが、この様な嘘デタラメの捏造の歴史で我が国を貶め、日本企業に恐喝行為を繰り返す中核派や韓国人の反日行為こそがヘイトスピーチを生み出した原因であり、日韓友好を叫びながらも、それとは正反対の矛盾した行為を続けているということを奴らは分からないのであろうか。奴らがこのような活動を続ければ続けるほど、嫌韓感は強まり、更にヘイトスピーチは増えていく事になる。それが分かっているのか分からないのかよく分からないが、奴らにとっては自らの都合の悪い事はすべてヘイトスピーチに聞こえるのであろう。結局、韓国に都合の悪い事は言うな!もし言ったらヘイトスピーチとして糾弾してやる!ということなのであろう。
DSC_1006.jpg
嘘デタラメの捏造の歴史を作り上げ、日本を貶める行為は、到底容認できるものではない!戦後日本は韓国との友好を望み、謝罪や反省や賠償を繰り返してきた。不二越も友好を望み4000万円の和解金を支払った。昨日の不二越には、日の丸と韓国国旗が掲げられていた。それでも尚友好が築けなかった現実を考えてみれば、そもそも韓国との友好関係を築くことは不可能なのである。恩を仇で返し続ける韓国とは、取りあえず断交すればいいのである。嘘捏造の歴史を認め謝罪し、土下座外交までして日本側から韓国にすり寄る必要はない。

富山県民の皆様には、交通渋滞など大変ご迷惑をお掛けし、申し訳ありませんでしたが、それでも我々に頑張ってくれと声をかけてくださる人や、手を振ったりしてくださる人も実際にいました。我々は今後も、このような見識ある市民の代弁者となり、極左暴力団中核派や、不逞朝鮮人と戦っていく所存で御座いますで、御支援、御協力御願い致します。
スポンサーサイト

平成28年2月定例街頭演説会及び竹島の日前倒し街宣

2月21日、毎月第三日曜日午後12時30分より福井駅前通り繊協ビル横において行っている定例街頭演説会を行った。2月22日が竹島の日であるので、その前倒し街宣も兼ねて街頭演説を行った。我が国固有の領土である、竹島を不法占拠しておきながら、図々しくも韓国の反日活動家が竹島の日の式典を妨害する為に、今年もすでに日本に入国しているとの話である。そのような危険分子を入国させる日本政府は異常であると言えるが、それと同時に未だに竹島奪還のための国家を挙げての式典が行われていないのはどう考えてもおかしい。北方領土に関しては国家を挙げての集会が行われるが、竹島に関しては、一切行われない。島根県が行う集会に、政府関係者が参加するだけである。韓国の反発を恐れ、韓国のご機嫌を伺いながらの外交で、そもそも竹島が還ってくるはずもない。アメリカによる圧力で、韓国に言いたいことも言えない日本政府の弱腰外交には本当に呆れるものである。
本日は領土問題を中心に、国家の安全保障や、国防についてなどを訴えさせて頂きました。


_20160221_143239.jpg


皇國櫻心會への入隊希望や、相談、陳情等は下記の方までメールか電話でお願いします。

電話 090-2121-9959
メール yuukokukensei-0594@docomo.ne.jp

戦争する国づくり反対福井県民集会糾弾街宣活動

2月20日、福井市内にあるフェニックスプラザにおいて、民主党や社民党、共産党、緑の党やその他市民団体による、野党が共闘し、安倍政権を潰し安全保障関連法を廃案に追い込もうといった趣旨のもと、戦争する国づくり反対県民集会が行われた。戦争する国づくり反対!福井総がかりアクションという市民団体が主催し、元滋賀県知事の嘉田由紀子の講演や、夏の参院選に向け安全保障関連法に反対する民主党、社民党、共産党内で候補者を一本化しようという話が発表されたようである。我々皇國櫻心會は、このような國賊政党に対し徹底抗議街宣を行った。昨年国会で可決された安全保障関連法案は、最低限度の日本人の生命や安全を守る為の法案であり、日本人の安全が脅かされそうになった場合に、迅速に対応できるようにしたものであり、集団的自衛権にしても最低限度の日本人を守る為の集団的自衛権であり、それを批判し、廃案に追い込もうという勢力は、国民の平和や安全などどうでもよいと言っているようなものである。あの法案に目を通し、新3要件と照らし合わせて考えてみれば、当たり前に必要な法案であり、それを戦争法だと位置づけ反対する意味が全く分からない。戦争する国づくり反対と言うが、もし、日本人の生命が脅かされそうになった時、時には戦わなければならない時があるかもしれない。その様な時にも、反対派は、日本人を見殺しにしてでも戦うのを辞めようと言うのであろうか。9条があるから、日本が未来栄光侵略されることは無いと信じているのであろうか。国外で命の危険に晒されている日本人がいても見殺しにしようというのであろうか。我々は、それでは駄目であろうと訴える。弁護士や憲法学者がこぞって安全保障関連法を憲法違反だと訴えているが、自衛隊までをも憲法違反だと考えている連中が、あの法律を憲法違反であると言うのは当然の事であろう。しかし、国民の平和や安全を守る為の最低限度の法案が憲法違反であるならば、その憲法こそが異常なのである。憲法違反になるのであれば、早急に憲法を改正しなければならないのである。その様な議論が国会で全く議論されない。不倫や、金の問題、等々くだらない国会議論が続いている。政策よりも政局しか考えない國賊政党には飽き飽きするものである。このような國賊政党、売国政党に対し我々は断固抗議の声を上げました。
DSC_0999_20160221163331de1.jpg
DSC_0504_2016022116103098d.jpg

奉祝紀元節金沢統一啓蒙活動

2月11日は、初代神武天皇が奈良の橿原の宮で即位されたとされている、我が国建国の日、紀元節である。本日は、橿原神宮をはじめ、全国各地において奉祝式典や、奉祝活動が行われたようである。自国の建国の日を国家を挙げてお祝いすることは、万国共通であり、当たり前のことである。併しながら、我が国日本においては、国家を挙げてまでのお祝いはなされず、国民の多くも建国の意味も理解していないのが現状である。これは、敗戦後のGHQの御皇室と国民の分断工作によるものである。2600年に渡る天皇陛下を中心に築き上げてきた日本の伝統文化、天皇と国民の絆、神道を重んじる日本人精神、神道から成る道徳心や愛国心、これらすべてを徹底的に破壊し、日本の弱体化を図ることがアメリカから任命されたマッカーサーの任務であった。其の任務を遂行するための一手段として紀元節も廃止にされたのである。戦後、昭和40年代になってから、日本人有志の努力により建国記念日が復活したが、左翼陣営の猛反発により、建国記念日ではなく建国記念の日となっているのもおかしな話である。日本の建国は、日本神話から成るものであるが、そのような神話が残っている事だけでも感動的なことであり、その神話からの御皇室の始まりが、2676年間万世一系男系のみの血筋で現在まで受け継がれてきたことは奇跡的なことであり、大多数の日本人が当たり前に神社信仰の心を持ち、神々に感謝し、日本人の生活に密接に結びついている。日本人として生まれたからには、せめて建国の意味くらいは理解しておくべきであろう。子供心に帰ったつもりで日本神話を読み解き、それを現在の神社信仰と照らし合わせて考えてみれば、自ずと愛国心や日本人としての自覚や誇りが沸いてくるのではないかと思う。
DSC_0979.jpg
皇方朋友社の同志と共に、午前11時より金沢市香林坊アトリオ前にて街頭演説を行った。
DSC_0983.jpg
皇方朋友社行動隊長
1455183035731.jpg
皇國櫻心會会長
DSC_0985.jpg
皇方朋友社代表

DSC_0994.jpg
その後石川県護国神社にて北陸民族青年会議の同志と合流し、出発式を行う。
DSC_0996.jpg
第1梯団
DSC_0995.jpg
第2梯団。2梯団で市内を流し街宣し、建国の意味や由来を理解して頂く啓蒙活動を行った。


その後、石川県教育会館にて行われた反日集会に対する糾弾街宣活動を行った。講師として招かれていたのは、村田忠禧という一級品の売国奴である。尖閣諸島は中国の領土であると主張し、天安門事件は嘘捏造であると言ってのける。まさに中国の手先以外の何物でもない國賊である。我々はこのような売国奴村田忠禧や、社民党、大東亜聖戦碑を撤去する会、石川県教組に対し、徹底抗議街宣を行った。
1455180250616.jpg

1455180284011.jpg

1455180256594.jpg

1455180271249.jpg
あくまで本日は紀元節奉祝活動という名目での活動ではありましたが、教育会館前においては石川県民の皆様には大変大音量で御迷惑となる場面もあったとは思いますが、我々の愛国活動にどうか御理解願いたいと思います。

活動に参加された各団体の皆様、本日はお疲れ様でした。

北方領土の日啓蒙活動、及び朝鮮総連糾弾

2月7日は日本政府の定めている北方領土の日である。安政元年2月7日、我が国とロシアは日露通行条約を締結し、択捉島と得撫島との間に国境を定め、それ以来北方4島が1度たりともロシア領となったことは無い中で、現在も不法占拠されているという意味で2月7日が北方領土の日とされている訳である。併しながら、北方領土問題というものは、北方4島だけの話ではない。戦前まで、南樺太と千島列島も我が国固有の領土であったわけであるが、敗戦後、サンフランシスコ講和条約により、南樺太と千島列島の領有権を放棄させられた。この放棄させられた領土の中には勿論北方4島は含まれていない。それどころか、当時の旧ソ連は、この条約には調印しておらず、南樺太と千島列島の帰属先は未だに決まっていないのである。よって我が国日本とロシアとの間で交渉されなければならない北方領土問題は、南樺太と千島列島をどうするかという事であり、北方4島は交渉するまでも無い日本の領土なのである。ということで、得撫島と択捉島との間に国境が定められた2月7日が北方領土の日となっているのはおかしいのではないかと思わなくもない訳であるが、重要なのは、如何に国民が領土問題に対し関心を持てるかということであり、そもそも、不法に奪われた領土を取り返すこともできない、不法に拉致された国民を救出することもできない、そのような体制すら全く整っていないのが我が国日本であり、そのような異常な状態の日本を如何に変えていくかということが、一番重要なわけである。よって、我々はそれを国民の皆様に理解して頂くための啓蒙活動を福井市内において行った。
1454906019894.jpg
流し街宣後、福井駅前通りにて街頭演説
1454906015211.jpg
2人の弁士が演説。

その後、2月7日午前中に北朝鮮が人工衛星と称する、事実上の弾道ミサイルの発射実験を強行したという事で、我々は朝鮮総連福井県本部に対し、徹底糾弾街宣を行った

_20160208_133530.jpg
_20160208_133553.jpg

核とミサイル開発をセットにしての北朝鮮による挑発行為は、周辺諸国の平和と安全を脅かす行為であり、到底容認できるものではない。我々日本人も無法国家中国、北朝鮮、韓国、ロシアに取り囲まれている現実の中で、国防や安全保障について益々真剣に考えなければならない時期に来ているのではないだろうか。核に対する抑止力形成のための議論も行っていかなければならないだろう。

日教組教育研究全国集会糾弾行動 岩手

國賊教師集団、日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会が、今年は岩手県盛岡市にて2月5日から2月7日までの3日間行われるという事で、我々は2月3日夕方より岩手県に向かった。金沢市にて皇方朋友社代表と合流し、雪の降る中、約10時間かけて盛岡市に到着。2月4日は打ち合わせなどを行い、夜はビジネスホテルにて憂国談義をしながら当日の下準備を行った。

当日朝は前夜に降った雪が凍りつき、路面はツルツル。凍えるような寒さの中、我々はまず国賊日教組に対し抗議文を手交するため、県運動公園に向かった。

1454695457952.jpg
こちら側が名刺をきろうとしても、日教組側は名刺をきろうともせず、全く誠意のない対応である。礼儀も無い教師が子供達を教育しているというのであるから、笑いごとではない。しばらく議論したが、全く議論が噛み合わず、亡国教育に開き直る日教組の態度には呆れ果てながら運動公園をあとにする。


DSC_0915.jpg
その後、滝沢市内の県産業文化センターにて行われた全体集会会場前にて徹底抗議
DSC_0919.jpg
抗議!抗議!

DSC_0946.jpg
県教組に通じる道もすべて封鎖されていた。
DSC_0952.jpg
機動隊による活動妨害、挑発も受けたが、我々は機動隊の挑発などには乗らない。我々は警察と喧嘩をしに来たのではない。日教組と喧嘩をしに来たのである!
DSC_0956.jpg
会場を日教組に貸した岩手県に対しても抗議!

その後盛岡駅前にて約1時間街頭演説。
1454695548040.jpg
皇國櫻心會 会長 天谷

1454695591444.jpg
北陸民族青年会議議長 皇方朋友社 網渕代表

多くの岩手県民が街頭演説に耳を傾けて下さり、演説後たくさんの拍手を頂きました。東北人の温かさに感動しました。有難う御座いました。

扨、今年の教研集会でも偏向教育の内容が発表されたと報道されている。教師が反安保法案の国会前での集会に感銘を受けたことを前提に、子供達に安保法案の賛否を問う教育がなされているとのことである。反安保、反原発、反基地、反国旗、反国歌、護憲など偏った思想を子供達に植え付ける日教組の教育は、到底容認できるものではない。反国家で、我が国の共産化を企むのは自由であるが、それをしたいのであれば、教職者としての職を辞してから行えと我々は言いたい!日本の未来を考えた上で、日本のガン細胞以外の何物でもない、国賊日教組を国民の努力によって教育の場から追放していこうではありませんか。

岩手県周遊、及び被災地訪問

2月4日、我々は皇方朋友社代表と共に、岩手県護國神社と、盛岡八幡宮を参拝。

IMG_20160206_032011.jpg
岩手護國神社にて

DSC_0882.jpg
盛岡八幡宮にて


その後、まもなく東日本大震災から5年を迎えようとしている訳であるが、被災地の復興状況を実際に見てこようということになり、盛岡から東へ90キロくらいの所にある宮古市へ向かった。海岸が近づくと、至る所に東日本大震災での津波の高さを示す看板が取り付けられていた。

DSC_0891.jpg

DSC_0890.jpg

DSC_0886.jpg
のどかな景色が広がっている一方で、あちらこちらに津波の爪痕が残っており、新しい住居の建設や、道路の整備、防波堤の建設など慌ただしい現場風景が見て取れました。震災から5年が経とうとしている今も尚、復興はまだまだ進んでいないことを実感しました。


1454696994849.jpg
その後近くの国定公園の浄土ヶ浜を訪問。

被災者の方々の心の傷はまだまだ癒されず、復興までまだまだ遠い道のりであるとは思いますが、被災者の方々、これからも頑張ってください。また、震災で亡くなられた皆様に対し、心よりご冥福をお祈り致します。
プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR