FC2ブログ

足羽神社寒中禊ぎに参加

1月24日、日本列島に大寒波が押し寄せる中、福井県福井市内にある足羽神社にて行われた寒中禊ぎに、皇國櫻心會と石川県の皇方朋友社の同志と共に参加した。憂國憲誠塾の時から参加を始め、今年で4回目の参加。年々参加人数が増え続け、今年は県内外から男女約100人が参加した。気温は氷点下で、道路はアイスバン。凍えるような寒さの中、足羽神社へ向かい受付をし、ふんどしに着替えて始まりを待つ・・・
足羽神社の宮司より禊の由来や意味を聞き、作法練習を行い本番に備える。

皆が気合を入れ、エイッ!の掛け声でいよいよ今年も禊が始まった。外に出ると猛吹雪・・・暫くすると雪は止んだが、時折突風が吹き地面の雪で足に激痛が走る。それを乗り切るのが日本男児であり、大和撫子である。


1453605268747.jpg

1453605246142.jpg

1453605240947.jpg
鳥船行事、雄健行事、雄詰行事、気吹行事という所作を行い、体や心にある悪いものを取り除く為に、神経を集中させる。

そして入水!皆が我武者羅に水をかぶり続けた。

1453605238577.jpg

1453605236033.jpg

1453605219198.jpg

一本締めの後、一度の入水では物足りず?もう一度入水!ひたすら水をかぶり、今年も禊は終わった。
禊というものは、日本の神話から始まっているものである。イザナギノミコトが嫁のイザナミノミコトのいる黄泉の国へ行き、そこから戻ってくる時に、自らの穢れを取り払う為に海に入ったのが由来である。それが数千年経った現在にまで日本人の心として受け継がれ、自らの体を叩いてでも、自らの悪い心や弱い心を取り払い、心を入れ替えて今年も頑張ろうという日本人独特の伝統文化が今でも残っている。日本人の心の中に当たり前に宿っているのであろうか。100人の気合の入った日本人の姿を見て、日本もまだまだ捨てたものではないと実感する1日でした。皇國櫻心會は、今年も愛国活動に誠心誠意取り組んでいく所存で御座いますので、今年も宜しく御願い致します。

また、禊の後、今年も温かい獅子鍋を振る舞って下さいました足羽神社の関係者の皆様、本当に有難う御座いました。
スポンサーサイト

平成28年1月定例街頭演説会

1月17日、皇國櫻心會定例街頭演説会を福井駅前通りにて行った。皇國櫻心會は、毎月第3日曜日午後12時30分より福井駅前通り繊協ビル横にて行っています。都合により多少時間が前後することもあります。定例街頭演説会では、時局問題を中心に様々な問題を取り上げ、日本国民の皆様と共に我が国日本の現状を考え、日本の再建の為に立ち上がっていこうとの思いのもとでの街宣活動です。草莽崛起!吉田松陰の言葉で、一般大衆よ立ち上がれ!という意味です。市民が立ち上がらなければ国は変わらない。国会ではくだらない国会議論ばかりが行われ、安倍首相は拉致問題を利用して首相になったのですか?などという意味不明の質問を平気で行う議員まで存在する。平和の意味も分からずに、平和を守ろう、戦争反対、安保法案反対などと言って歌を歌い、踊って集会して平和が守れると本気で信じている日本人も沢山いる。この様な現実逃避した議論が当たり前に飛び交い、外交はいつまで経っても謝罪外交、弱腰外交、米国に言われるがままに従い、中国や韓国には媚びへつらう外交が続いている。日本人は何処まで情けない民族へと成り下がるつもりであろうか。日本の為に命を捧げた英霊の方々が、現在の日本の現状を見たら、間違いなく怒り狂うに違いない。この様に乱れに乱れた我が国の再建の為にも、国民が立ち上がらなければならないのである。

1453072206917.jpg
所謂従軍慰安婦問題を中心に様々な問題を訴える。

1453072200361.jpg
北朝鮮による4度目の核実験を受け、我が国の核武装を訴える。

皇國櫻心會定例街頭演説会は、誰でも飛び入り参加歓迎です。
また、皇國櫻心會への入隊希望、相談、陳情などは下記の方までメールか電話でお願いします。
電話090-2121-9959
メールyuukokukensei-0594@docomo.ne.jp

朝鮮総連福井県本部糾弾及び抗議文提出

我々は1月11日、福井県福井市内にある朝鮮総連福井県本部前において、4度目の核実験を行った北朝鮮に対する抗議街宣活動を行った。このような北朝鮮による核実験の強行は、国連安保理決議や日朝平壌宣言に明確に違反し、我が国の平和や安全を脅かす行為であり、到底容認できるものではない。我々は、北朝鮮の出先機関である朝鮮総連福井県本部前にて抗議行動を行った。

DSC_0858.jpg
朝鮮総連福井県本部前に横付けし、徹底抗議!我が国や周辺諸国に対する、核やミサイルによる挑発行為を辞める様促すとともに、拉致被害者を直ちに返すよう直ちに本国に伝えよ!と街宣活動を行った。

1452496899212.jpg
抗議文を受け取りに出てこい!と叫んだが、誰も出てくる気配が無いので、抗議文を読み上げ投函。


その後市内を啓蒙街頭演説しながら流し街宣をしていると、たまたま反原発デモ隊に遭遇!戦争反対や、平和を守ろう等といったプラカードを掲げていた為、反安保法案デモ隊かと思いきや、シュプレヒコールは原発反対!・・・我々も何のデモ隊なのか困惑したが、デモ隊後方より徹底抗議を行った。子供達をもこのような反国家集会に参加させ、プラカードは転々ばらばらで何を主張したいのかも分からない、意味不明な輩です。


1452496914826.jpg

その後福井駅前通りにて街頭演説。我々は、北朝鮮の核兵器の開発には、断固反対する立場であるが、北朝鮮が核武装する権利があるなか無いのかと考えてみれば、北朝鮮であれども核武装する権利は有ると考える。北朝鮮も馬鹿では無い。抑止力を形成し、アメリカや核保有国と対等な外交を行いたいが為に、核武装しようとしていることは明らかだ。そのような北朝鮮の核武装に反対する国のほとんどが核保有国なのである。ならば、このような北朝鮮の核武装を利用し、我が国も核武装すればいいだけのことである。我が国が核武装すれば、我が国の抑止力が高まることは間違いなく、当面は憲法9条の改正が無くとも、もしもアメリカとの同盟関係が無くなり、自国は自国で守らなければならない日が来たとしても、核武装による抑止力によって日本の平和を守れる事は間違いないのである。人を殺す為、他国を威圧する為の核武装ではなく、自国民を守る為の抑止力としての平和的な核武装であるならば、何処の国からも文句を言われる筋合いはない。韓国でもいよいよ核武装の議論が始まっている。我が国においても、核武装について真剣に考えなければならない時が来ているのではないだろうか。世界で唯一の被爆国であるからこそ、二度と被爆しない為にも、核武装という選択肢も無くはなかろう。

大阪演説会及び新年会に参加

1月10日、大阪府寝屋川市の寝屋川市駅前において行われた、愛国行動評議会主催の街頭演説会に参加した。子供から大人まで、多くの弁士が約2時間演説し、様々な主義主張を行った。皇國櫻心會からも演説させて頂き、所謂従軍慰安婦問題の日韓合意や、北朝鮮による4度目の核実験についてなどを訴えさせて頂きました。

DSC_0854.jpg

その後大阪市内の梅田にて関西一円や、北陸、四国、中国、中京地方各方面から友好団体が参加し、新年会が行われた。約70人の活動家や友人が参加し、盛大に行われた。愛国行動評議会の皆様お疲れ様でした。

新春伊勢神宮参拝

1月4日、我々は日本の原点とも言える伊勢神宮を参拝するため、1月3日朝に福井を出発し、伊勢に向かった。高速道路は渋滞していると思われたので、関ヶ原から一般道をひたすら走り休憩を入れて約6時間かけて伊勢に到着。我々はまず、内宮から約20分ほど南下した所にある天の岩戸を訪ねた。
DSC_0826.jpg
車どうしがすれ違いするのもやっとの道を山の奥深くまで入ったところで車を止め、そこから徒歩でさらに山の奥深くに入った所に天の岩戸はある。誰も来るはずがないと思えるようなほど山奥にあるが、意外にも多くの人が訪れていた。地元の人に聞いても、ここはかなりのパワースポットと言われているらしく、伊勢の隠れ観光スポットになっているようだ。
DSC_0827.jpg

DSC_0829.jpg
湧水は日本の名水100選にも選ばれているらしく、地元の人も水を汲みに来ていた。そこからさらに山の奥深くへ何百メートルも歩いたところに天の岩戸はある。
DSC_0831.jpg

これだけの山奥にありながら、地元の人たちにより大切に守られ、崇拝されてきたことがよくわかる。伊勢を訪れた時は、是非訪問してみると良いとお勧めできる神秘的な場所でした。

翌1月4日朝より、伊勢神宮の外宮と内宮を参拝。


DSC_0840.jpg

DSC_0843.jpg
伊勢神宮には毎年参拝に行っているが、何度来ても感動させられ、鳥居をくぐる前は、気持ちが引き締まる。日本人として生まれて本当に良かったと思える場所である。

1451905124894.jpg
その後、伊勢駅前にて行われた街頭演説会に参加。急遽街頭演説させてもらうことになり、慰安婦問題や、我が国に巣食う左翼の現状、左翼教師についてなどを訴えさせて頂きました。大日本神風会の皆様、有難う御座いました。そしてお疲れ様でした。

慰安婦問題日韓合意について

昨年末、日韓間で所謂従軍慰安婦問題に対する合意が成された。我々は、岸田外相の訪韓での外相会談が、所謂従軍慰安婦問題があったことが前提での対談であるならば、対談は行わないほうが良いと考えていた訳であるが、案の定その会談は所謂従軍慰安婦問題が現実であったとの過程で進められ、日本側が元慰安婦に謝罪し、韓国の基金へ10億円支払う事が決まり、この問題を今後蒸し返さない事と、韓国の日本大使館前に置かれている慰安婦像を撤去させることを韓国政府は努力するという合意が成された。この合意を文書化することを韓国側は拒み、両国外相が合意を述べ合う形での合意となった。この日韓合意は米国の圧力によるものであることは間違いないが、両国政府がこの所謂従軍慰安婦問題を有耶無耶のまま闇に葬り去りたかったのであろう。

マスコミ各社はこの合意を肯定的に報じたが、我々は、このような売国的合意を到底受け入れることはできず、強い憤りを覚えると共に、今後このような売国行為に対し断固抗議の声を上げていく所存である。先の大戦で亡くなられた英霊の方々や、日本を護ってきた先人の方々にも、申し訳がたたぬ。先人や英霊を貶め、日本を貶める今回の日韓合意は、到底許せるものではない!

なぜ日本人の名誉と誇りを捨ててまで韓国にすり寄らなければならないのか。なぜ日本人の名誉と誇りを捨ててまでアメリカの言いなりにならなければならないのか。ありもしなかった捏造の歴史を認めて、謝罪賠償して友好を築こうとする戦後の日本政府の姿は本当に情けないものである。今回の安倍政権の売国合意に対し、首相官邸前や外務省前では、多くの民族派や市民団体が抗議活動を行ったようであるが、どこのマスコミもメディアも取り上げはしなかった。韓国のお気に召さない報道はしたくないのであろうか。一方、朝日新聞は今回の合意を評価し、大いに喜んでいた。我が国が貶められたことが、嬉しくて嬉しくてしょうがないようである。呆れた話だ!そもそも、この所謂従軍慰安婦問題は、吉田清治という売国奴が書いた本を朝日新聞が大きく紙面で取り上げ、戦後30年近く経ってから叫びだされ、外交問題へと発展した問題である。それまで、従軍慰安婦などといった言葉すら誰も聞いたことも無かった。それもそのはずで、慰安婦の強制連行等といった証拠は一つも残っておらず、ただの売春婦であったのである。この吉田清治の本は、捏造本であることが明らかにされたが、朝日新聞は中々それを誤報とは認めなかった。ようやく一昨年に朝日新聞は誤報と認め謝罪したわけであるが、この嘘捏造の所謂従軍慰安婦問題を作り上げた張本人朝日新聞が、安倍政権が嘘捏造の従軍慰安婦問題を認めて謝罪することに大喜びしているのである。朝日新聞も朝日新聞であるが、政府も政府である。一体この国はどうなっているのであろうか。漫才でもやっているつもりなのであろうか?全く笑えない。本当にアホらしい話である。

今回の日韓合意で、韓国国内でも合意の破棄を訴える集会が連日行われている。韓国の日本大使館前に慰安婦像を設置した挺対協は、慰安婦像の撤去は絶対に認めないと断言し、今後も全世界で慰安婦問題を宣伝し、慰安婦像も増設していくと断言した。また、元慰安婦を名乗る老婆も日韓合意を無視すると断言し、韓国野党も政権が交代した場合、合意を無効にすると断言している。世界からの目もある為、朴政権の間は、慰安婦問題を外交問題として口に出来なくなった事は間違いないであろうが、本質的に所謂従軍慰安婦問題が解決したとは到底言えるものではない。そもそも一国と一国の条約を平気で韓国の都合の良いように解釈変更してしまうような国と、まともな付き合いをしていくことなど不可能である。日韓基本条約が違憲であるとかないとか、そのような馬鹿げた議論を行っているような国とは、ただちに国交を断絶すれば良いのである。日本人の韓国に対する心はもう冷めている。友好を望んでいるのは、アメリカ頼りの日本政府と、一部の売国奴左翼だけである。

一昨年には、元慰安婦の証言に信憑性が無いことが明らかとなり、朝日新聞が慰安婦問題に対する誤報を認め、河野談話の検証によって河野談話は日韓合作であったことが明らかとされ、慰安婦はただの売春婦であったことが決定的とされた。我々は、それを受け、街頭演説でもこの問題を何度も取り上げ、統一街宣なども行ってきた。また、なでしこアクションなどが、国連など全世界で慰安婦問題は捏造であることを訴え、全世界でも所謂従軍慰安婦問題が捏造であることが理解されてきたところであった。全国各地の様々な活動家や、歴史家などが日本人の名誉回復の為に戦ってきた努力が、一瞬で無駄にされたような気持ちで、日韓合意の内容を聞いた時は、力が抜けるような思いであったが、まだまだこの問題は流動的で、どうなるか分からない状況である。我々は、日韓合意の即時破棄を訴え、所謂従軍慰安婦問題は嘘捏造であることを、今後も訴え続けます。


IMG_20141004_013530_20160102131807a20.jpg

恭賀新歳

日本国民の皆様におかれましては、幸多き新春を御迎えの事と御喜び申し上げます。年頭にあたり、今年も皇国日本の弥栄と繁栄を願い、日本建国以来弐千六百七拾六年という悠久の歴史の中で築き上げられてきた日本の伝統文化を尊重し、誠心誠意愛国活動に邁進していく所存ですので、本年も宜しく御願い申し上げます。

皇紀弐千六百七拾六年 平成弐八年 元旦


img20140901_34.jpg

プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR