FC2ブログ

反中共デー福井街宣

9月29日は、反シナ中国共産党(反中共)デーである。我々は本日午後2時より福井駅前通り繊協ビル横にて反中共デー福井街頭演説会を行った。昭和47年9月29日、我が国と中国は日中共同声明により国交を回復し、日中平和友好条約を締結した。平和友好条約を締結してから40年余りが過ぎたが、このような平和友好条約の名目とは裏腹に、反日行為、挑発行為を繰り返し、軍備拡張を続ける中で我が国の主権が脅かされ続けているのが現状である。我が国固有の領土である尖閣諸島近海には毎日のように中国公船が挑発行為を繰り返し、靖国問題や歴史問題、歴史教科書など内政干渉を繰り返され、抗日戦勝記念軍事パレードでお披露目されたミサイルのほとんどが我が国日本の全土を射程に収め、核ミサイルの照準も我が国に向けられている。この様な状態で何が友好平和であろうか!南シナ海では中国は侵略した領土に軍事基地を建設し、我が国のシーレーンも脅かされつつある。また、このまま中国が軍備拡張を続ければ中国と突発的な衝突につながる可能性も十分に考えられる。このような現実の中で、我が国がそのような軍事衝突を回避し、戦争を抑止するためには、我が国も努力の元に抑止力を形成しなければならないのである。なにも恐怖心を煽っている訳でもなく、戦争を煽るわけでもない。ただ当たり前に戦争を回避するための抑止力を形成するべきだと言っているのである。其の為の一手段が、先日国会において可決された安保法案なのである。集団的自衛権により友好国との信頼関係を深め、抑止力を高めようという法案である。そのような法案を反対している国家は世界中探しても中国と韓国だけであり、それを考えてみれば、自然と安保法案に反対している輩は中国や韓国の手先であり、そのような反日国家に加担し、日本を貶め続けている連中とすべて合致するのである。そのような輩が安保法案を戦争法案だとのレッテル張りをしても何の説得力も無い訳ではあるが、それをマスコミは連日戦争法案と報道し、日教組などの反日教師は純粋無垢な子供達に戦争法案であると洗脳工作を行っている。このような根本的な反日活動を行う根元を断たねば日本の再建は成しえないということが、今回の安保法案の可決で我々は再確認させられた。我々は今後も国際社会での現実を市民の皆様に理解して頂くための活動を続けていきます。

1443515403926.jpg


皇國櫻心會への入隊希望、相談などは下記のほうまで電話かメールでお願いします。日本を憂いる維新者よ!共に行動しようではありませんか!
電話 090ー2121ー9959
メールyuukokukensei-0594@docomo.ne.jp

スポンサーサイト



平成27年9月定例街頭演説会

9月20日、福井駅前通りにて街頭演説会を行った。皇國櫻心會は、毎月第3日曜日に福井駅前通り繊協ビル付近にて午後12時半頃より街頭演説会を行っています。

本日は石川県金沢市より、皇方朋友社の竹内最高顧問が応援に駆け付けて下さいました。有難うございました。

本日は、竹内最高顧問と櫻心會天谷が演説し、安保法案についてなどを中心に時局問題を訴えた。


_20150920_201559.jpg
皇方朋友社 竹内最高顧問

1442743901984.jpg
皇國櫻心會 天谷

扨、長い間国会で議論されてきた平和安保法案がようやく成立した。皆様もご承知の通り、国会内外は大荒れであった。民主党や共産党、社民党などの左翼政党は、常日頃諸外国との摩擦はすべて対話で解決できるかのような主張をするが、今国会での乱闘騒ぎは、すべてを対話では解決できないという事を、国会議員自ら証明してくれるという一幕であった。国会の外でも多くの左翼ボンクラが警察官に暴力を振るい検挙された。対話で対話でと言いながらも、結局は対話では収まらず暴力沙汰。それが国際社会でも同じであり、それが現実なのである。

1国と1国との間で戦争が起こる時は、対話で解決できない場合か、領土や資源に対する野心により1国が他国に対し侵略的行為を行った場合か、テロに対する報復、紛争地域などでの突発的な衝突、宗教や民族間での対立などの場合である。対話や、国際平和のための根回しによって軍事衝突が回避されることもあるが、どちらかと言えば衝突に発展する事の方が多い。とりわけ我が国は反日国家に取り囲まれ、中国は軍備拡張を行いながら海洋進出を進め、我が国の主権が脅かされつつあるのが現状である。今回の安保法案は、中国、北朝鮮を念頭に置いてのものであることは明白であるが、その中身は日本国民の生命や生存、平和を守る為のものであり、日米同盟を強化し、抑止力を高める為のものである。また、アルジェリア人質事件のように、いつどこで日本人が襲われたてもおかしくはない訳であるが、今までの日本は日本人が海外で襲われても指をくわえて見ていることしかできなかったのである。そのような異常な憲法の解釈を一部変更し、日本人を救出できるものにしただけである。それらを考えてみれば、安保法案は当たり前に必要な法律である。
反対派は、定義が曖昧だと言うが、曖昧で当然なのである。いつどこで何が起こるかは分からない。その中で日本人や友軍が危機的状況に見舞われた時に、迅速に対応できるように法改正しただけではないか。全国各地で行われた反対集会で、戦争法案反対、戦争反対、安保反対、安倍はヤメロといったシュプレヒコールが飛び交ったが、集会に参加する者のほとんどが安保法案の内容もしっかり理解せず、感情論や理想論を語る、現実も直視しない平和ボケ集会ばかりであった。デモや集会を開いて、平和を守ろう、戦争嫌だと言っていれば平和が保たれると思ったら大間違いである。
今回の安保法案によって一歩まともな主権国家に近づいたと言えるだろう。この先もっと安全保障や国防について議論し憲法改正も行っていかなくてはならないだろう。今回の安保法案が、憲法違反だと言う憲法学者が多くいたのも事実であるが、国民の平和を守る為の法律が憲法違反であるならば、その憲法こそが異常なのである。そのような異常な憲法は早急に改正していかなくてはなるまい。


皇國櫻心會への入隊希望は下記まで連絡ください。来る者拒まず、去る者追わずです。勇気ある維新者よ、共に行動しようではありませんか!
電話090-2121-9959
メールyuukokukensei-0594@docomo.ne.jp

富山不二越訴訟門前街宣行動に対する徹底糾弾街宣

9月11日、富山県富山市内にある企業(不二越)本社前にて、戦時賠償を訴える街宣活動が展開されるということで、我々は皇方朋友社の代表と共に徹底抗議を行うため、富山へ向かった。この不二越訴訟は、戦前に労働者不足を補う為に日本が朝鮮半島の婦女子を日本の企業で働かせていたことを拡大解釈し、捏造したうえで、強制連行され、強制労働され、賃金の未払いがあると不二越側を相手取り、損害賠償を要求している問題である。度重なる街宣圧力や、国際圧力によって、不二越側は4000万円の和解金を支払ったが、それに味を占めた原告団は韓国でも訴訟を起こし、昨年には韓国で1億6000万円の支払いを命じる判決が出ている。これに圧力をかける為の街宣活動が年に何回も不二越本社前にて行われているのである。不二越だけでなく全国の企業がこのような戦時賠償を要求され、その和解金の多くが中核派などの極左の手に渡り、極左の資金源になっている事実もある。そもそも、この戦時賠償問題は日韓基本条約によって、すべて解決済みの問題である。日本政府はこの条約締結時に、300億円の個人賠償も含めた無償の金を韓国側に提供しているのである。韓国側は個人賠償分も含めて韓国政府が一括して受け取るという事を日本側に話し、日本側はそれに従い韓国政府に支払ったのである。その個人賠償を今になって日本企業に要求するのはあまりにも筋違いの話である。もし賠償を要求したいならば、韓国政府を相手取り訴訟を行うのが筋ではないか?しかも、有りもしない強制連行や、賃金未払などといった捏造の歴史をでっちあげ、企業から金をむしり取ろうとする行為は、企業恐喝以外の何物でもない。我々はこのような輩の行為を到底容認することはできず、本日富山不二越本社前において、徹底糾弾街宣を行った。

DSC_0636.jpg

DSC_0635.jpg
徹底抗議演説する皇方朋友社代表

1441968550438.jpg

_20150911_213329.jpg
横断幕にはハングル文字も並ぶ。祖国を売り、韓国に加担する情けない日本人売国奴を、国民の努力によってこの国から追放していこうではありませんか。

第3回自衛隊福井市中パレード

9月5日、福井市内のフェニックス通りにおいて自衛隊パレードが行われた。今年で3回目、3年連続の開催である。我々は、日本の平和を守る為に日々厳しい訓練に励み、頑張って下さっている自衛隊の皆さんに応援の声をあげるべく、皇方朋友社と北雷社の同志の皆さんと共に会場に向かった。


DSC_0607.jpg

自衛隊パレードを一目見ようと、県内外から今年は2万7千人もの人が集まった。毎年来る共産党などの自衛隊パレード反対派は今年も来てはいたが、昨年より大幅に減り、20人~30人程度のものであった。逆に、自衛隊がんばれ!などの自衛隊を励ます横断幕が各所に掲げられ、日の丸や旭日旗を手にする市民も多く見られた。
1441454700084.jpg
まずは空のパレードで幕を開ける。F15戦闘機4機が福井市上空を3回超低空飛行。F15戦闘機は東京ー大阪間を7分で移動できるというから驚きである。


DSC_0608.jpg

DSC_0614.jpg

DSC_0619.jpg

DSC_0618.jpg

1441454674371.jpg

1441454759054.jpg

1441454770485.jpg
我々は自衛隊がんばれ!と声をあげた。日本の有事の時には、自国民を守る為に最前線に立つ自衛隊に、ありがとう、これからも頑張ってくれと思うのは当たり前のことですね。

1441454640071.jpg

1441454642027.jpg
その後福井駅前通りにて街頭演説。皇方朋友社代表、行動隊長、情宣局長、皇國櫻心會会長の4人が約1時間演説した。パレードを終え、帰っていく自衛隊の皆さんに頑張ってくださいと声をかけると、自衛隊の皆さんも手を振ってくれたり敬礼してくれました。勇ましく、たくましく、すばらしい、感動的なパレードでした。また来年も見たいですね。

日本の平和を守る崇高なる自衛隊

頑張れ!頑張れ!頑張れ!
プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR