FC2ブログ

拉致被害者を返せ!!福井県集会・大行進!

IMG_20130623_161939.jpg
6月23日福井市中央公園において拉致問題全面解決に向けての福井県中央集会が行われた。梅雨時にも関わらず天候にも恵まれ、雲の合い間からは北朝鮮の拉致被害者と日本人を結ぶ青い空が見られた。政府が認めた拉致被害者17名以外にも拉致の疑いのある特定失踪者は800名以上ともいわれ、福井県内にも4名の特定失踪者がいまだに見つかっていない。拉致問題の解決を切実に願う議員や首長、県内外からの有志約200名が福井市中央公園に集結した。午後1時より決起集会が行われ、冒頭では沖縄戦の終結の日でもあったため、沖縄戦で亡くなられた20万の英霊の方々へ黙祷を捧げた。その後山谷えりこ参議院議員や山本拓衆議院議員、大野市長や敦賀市長、美浜町長、わかさ町長など各首長の挨拶や、家族会、救う会、願う会、調査会など各団体の挨拶があった。拉致被害者は毎晩、毎晩星や月を見上げながら日本人による救出を待っているというのである。何としてでも、一日でも早く拉致被害者を救出したい!そのような決意のもと、日本国民怒りの大行進が始まった。
拉致被害者をだだちに返せ!
日本人は特定失踪者全員救出するまで戦うぞ!
北朝鮮を許さないぞ!
拉致被害者を一日でも早く救出するぞ!

日本国民怒りのシュプレヒコールが響きわたった。この日は特定失踪者のご家族も一緒にデモ行進した。ご家族の方々は今でも辛い日々を送られていることと思う。日本人は今一度拉致被害者やそのご家族の立場に立って拉致問題を考え直さなければならないのではないだろうか。同じ日本人が大変な辛い思いをしているのである。愛の手を差しのべようではないか。日本人一つになろうではないか。安倍首相も古谷拉致担当相も山谷議員も、拉致問題に真剣に取り組もうとしているようである。国民もそれを後押しし、国民も何ができるのか共に考えようではないか。拉致を風化させてはならない。拉致問題解決に向け国民は立ち上がろうではないか!

IMG_20130623_161637.jpg
IMG_20130623_161656.jpg
IMG_20130623_161958.jpg
IMG_20130623_180026.jpg
IMG_20130624_213638.jpg
IMG_20130624_213706.jpg
スポンサーサイト



定例街頭演説会

本日6月16日午後1時より福井駅前通りみずほ銀行前にて定例街頭演説を行った。

本日は韓国や中国による反日行為や反日工作について、日本人が考えなければならないことは何かということや、高浜原発の再稼動が囁かれ始めた中で反原発派の活動が活発化してきたため、原発の必要性を訴えた。また来週には拉致問題の解決を訴える福井県集会が開かれるということで、拉致問題についても演説した。

韓国人のある男が神聖なる靖国神社の池に放尿し、それをネット上に載せ話題になっているというのである。なんとレベルの低い民族であろうか。我々右翼民族派はあまり民族批判というものはしない。しかしながら韓国人というものは、政治家からマスコミ、一般市民に至るまで、反日行為なら何をしても罪にならないと言わんばかりにやりたい放題である。礼儀も常識もあったものではない。仏像を盗み出しても罪も問われない、マスコミはかつての日本への原爆投下を神による懲罰であるとか、東日本大震災では日本沈没だとか震災をお祝いしますなどと言っていたのである。日本大使館前に不法に反日を象徴する女の銅像が置かれても撤去しようともせず、日本が反省しなければ第2第3の銅像が建つであろうとまで言っている。こんなふざけた反日国家韓国に対し、日本人は今ひとつ強気になれないでいる。過去の植民地支配が尾を引いているからである。しかしながら日本が韓国に対して行った植民地支配というものは、反省しなければならないほど悲惨なことでも非難されるようなものでもなかったのである。
過去の日本による統治や戦後の日本からの援助がなければ今の韓国の繁栄がないことは火を見るよりも明らかである。本来であれば感謝の気持ちで親日であるのが当然のはずが、国をあげて反日行為や反日行為を繰り広げているのである。このような国とはとっとと国交断絶すべきである。日本のマスコミも資金面などで韓国企業などに牛耳られているのであろうか、日韓友好の必要性が執拗に報道されている。右寄りの産経や読売までもがそうなのである。もし韓国が過去の歴史問題を口にしなくなり、真の友好関係が築けるなら我々も反対はしない。しかしながら今のような状態でわざわざ反日国家韓国に日本からすり寄っていく必要など全くない。あのような反日国家韓国こそ十分に警戒しておく必要がある。かつて同盟国であったロシアが日本を裏切り北方の島々を侵略したように、あのような反日国家韓国も、もし日本が混乱するようなことがあればそのすきに日本を侵略する可能性は大である。実際に韓国は対馬の侵略を淡々と狙っているのである。アジアにはたくさんの親日国があるのである。反日国家は中国と韓国と北朝鮮だけである。
この特亜三国以外はどこの国も親日国ばかりである。過去の日本人のたくましさ、勇ましさを知っているからである。白人国家による軍国主義に立ち向かった唯一の有色人種の国家が、我が国日本だったのである。大東亜戦争で負けはしたが、日本人の努力によってアジアの国々は次々と独立を回復していったのである。そのようなことを十分に理解しているこれらの国々は当たり前に親日である。かつて村山富一はアジアの国々を訪問し、謝罪をして回った。しかしその時、なぜ日本が謝って歩く必要があるのだと、日本は何も謝罪するようなことなどしてはいないではないかと言われたそうである。今の日本も未だに謝罪や反省を繰り返している。いつまでも謝罪や反省を繰り返していても明るい未来などない。謝罪や反省をしても、韓国や中国はさらなる謝罪や反省を要求してくるだけであるといい加減に気付かねばならない。日本はもっと強気でいけば良いではないか。また舐められないように日本人がもっと強くなる必要もある。憲法を改正し、強い日本を取り戻す必要もある。戦争の強い国になろうと言うのではない。世界の国々から尊敬されるような、世界において影響力のある発言力のある国にしようと言っているのである。それを阻害しようとする、中国や韓国には強く抗議し、言うべきことは言わなければならない。

日本人よ、現在の舐められっぱなしの情けない日本のままでよいのか!自分の国を自分達で守ることもままならないこのような日本のままでよいのか?日本男児ここにありと胸をはれる強く勇ましい日本を取り戻そうではないか!

IMG_20130616_153144.jpg

拉致被害者救出を訴える北陸民族青年会議福井統一街宣

IMG_20130603_160333.jpg


6月2日福井県福井市において、北朝鮮の核、ミサイルによる挑発行為に断固抗議し、拉致被害者の即時救出を訴える、北陸民族青年会議統一街宣活動を行った。
IMG_20130603_121517.jpgIMG_20130604_221156.jpg


前日から皇方朋友社が福井入りしてくれたため、事前活動として6月1日も福井駅前通りにて街頭演説を行った。そして朝鮮総連福井県本部前で抗議文を読み上げ、投函した。2日は、午前9時半に道の駅さかいに集合し、出発式をした後福井市内を流し街宣、休憩を挟んで午後1時30分より福井駅前通りみずほ銀行前にて街頭演説を行った。1日目は5人、2日目は11人の弁士が力の入った熱弁を振い、計8団体、街宣車9台、約30名が参加しての活動となった。
IMG_20130603_121104.jpg
IMG_20130603_121706.jpg
IMG_20130604_213726.jpg
IMG_20130604_213709.jpg


さて、昨年十二月十二日、北朝鮮は長距離弾道ミサイルの発射実験に成功し、今年二月十二日には、周辺諸国の中止要請を一切無視し、核実験を強行した。北朝鮮は日本も核ミサイルの攻撃対象であると公言している。このような北朝鮮の核ミサイル開発は我が国にとっても国家の安全保障を脅かす脅威であり、このような軍事強行路線を歩み続ける北朝鮮に対し国家国民を挙げて圧力を強めていく必要がある。また、北朝鮮は同じ人間とは思えぬ極悪非道の犯罪行為を犯してきた。言うまでもない。日本人拉致である。北朝鮮は、昭和四十年代から五十年代にかけて北朝鮮の工作員や土台人、よど号グループなどを利用し、多数の日本人を極秘裏に強制的に拉致したわけである。政府が認めた拉致被害者十七名以外にも、戦後から平成にかけて、北朝鮮に拉致された疑いのある特定失踪者は八百人以上とも言われている。その中には、失踪当時十三歳であった横田めぐみさんのように、まだ幼い子供までもが含まれていたのである。十三歳の女の子が、ある日突然工作員によって襲われ、見ず知らずの北朝鮮の地へ連れて行かれた時の胸中を考えてみれば、日本人誰もが強い怒りを覚えるはずである。また、拉致被害者のご家族も、耐え難い日々を今でも送っている。このような暴戻国家北朝鮮を決して許すものか。北朝鮮が拉致を認め謝罪し、福井県の拉致被害者、地村さん夫妻を含む五人の拉致被害者の帰国から十年余りが過ぎたが、その後拉致問題は何の進展も見せていない。このまま拉致問題を風化させてはならない。何としてでも拉致被害者が存命のうちに、一日も早く救出しなければならない。そのためには、まずは憲法の改正である。九条の破棄である。軍隊を差し向けて、戦争をも辞さない覚悟でもって北朝鮮を威嚇しなければ、拉致被害者を絶対に返してはならぬとの金正日の遺訓に従う、北朝鮮から拉致被害者を救出することなどできない。不法に拉致された国民を救出する事は、主権国家として当然の義務である。国民の生命や安全、自国の領土や領海すら守れぬ国家は滅びていくだけである。座して亡国を見てはいられぬと我々民族派は立ち上がっている。靖国に眠る英霊の方々は、拉致被害者の救出もできない、不法に奪われた領土を取り戻すこともできない、謝罪や反省、譲歩を繰り返す今の情けのない日本をどのような気持ちで見ておられるか。このような国にする為に命を捧げたのではないと思われているに違いない。今こそ国民皆が立ち上がらなくてはならない時である。

拉致被害者は今も北朝鮮の地で、助けを待っているのである。同じ日本人が助けを待っているのである。何としてでも拉致被害者を救出しようではないか!日本人今こそ一つになり、立ち上がろうではないか!

IMG_20130603_120915.jpg

IMG_20130603_121616.jpg
IMG_20130603_121240_20130604220118.jpg
IMG_20130603_121433.jpg
IMG_20130603_121411.jpg
IMG_20130603_121456.jpg
IMG_20130603_121303.jpg



二日間に渡り、充実した活動を展開することができました。これも北陸民族青年会議の各団体の皆様、及び福井県の友好団体魂眞塾の皆様の協力があってこその活動でありました。各団体の皆様お疲れ様でした!

参加団体
 金沢翼賛会
 皇方朋友社
 皇命社
 国粋青年隊北陸本部
 魂眞塾
 尊皇國志隊
 天神会
 北雷社
 憂國憲誠塾
プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR