FC2ブログ

原発について

我々が拠点を置く福井県には、14基の原発がある。大飯原発の3・4号機は再稼働したが、まだ12基の原発は止まったままである。全国でも今のところ大飯原発以外の原発はすべて止まったままである。
我々憂國憲誠塾は昨年より一貫して原発は必要であるとの立場をとり、原発問題には精力的に取り組んできた。昨年末には毎年行われてきた反もんじゅデモに対し抗議の声を張り上げた。今年に入ってからは大飯原発の再稼働が現実味を帯びてくると、反原発派の福井県内での動きが活発化し、毎週のようにデモや集会が行われ、赤い旗もなびいていた。環境保護団体であるグリーンピース・ジャパンも福井市内に活動拠点を置き、猛烈な反原発運動を展開。我々は連日のように拠点となったホテルに糾弾活動を行った。石川県からも皇方朋友社や北雷社の同志が応援に駆けつけてくれ、反原発派への糾弾や原発の必要性を県民に訴えた。

我々が原発が必要だと言う理由のひとつに県内での問題がある。原発が多数立地している福井県では、多くの県民が原発や原発関連企業の仕事に従事している。また県外からも多くの技術者が福井県を訪れ、それにより旅館や飲食店の経営も成り立ってきた。原発がなくなれば、これら約1万人以上の県民が職を失うことになるのである。県内での経済や雇用を考えた上では原発は必要と言わざるを得なかった。

しかし我々は県内のことだけを考えて原発が必要だと言っているのではない。原発は国家の安全保障に関わる重要な問題なのだ。一部の議員のなかには、韓国や中国から電気を買えばいいのではないかと言っている者もいたが、まったくもって論外である。国家のエネルギー分野においての安全保障に関わる重要な電気を反日国家から買えばいいとはどのような神経をしているのか。外交カードを反日国家に与えるようなものである。また資源の貧しい日本において、原発は唯一燃料を安定的に購入することが可能で、大規模な発電を長期にわたり安定して行うことができる。現時点でこれだけ大規模で二酸化炭素もほぼ出さずに発電ができる方法は原発以外にはないのである。
反原発派は脱原発を表明したドイツなどを引き合いに出して反原発を訴えているが、偏西風が年中吹き付けるなどの気候条件や、EU諸国と陸続きになり電力を融通し合える地理的条件、石炭が自国でとれ、石炭火力で電力の大半をまかなうなど日本とドイツを同一視して脱原発を訴えるなど論外である。また自然エネルギーの利用も進めていくべきではあるが、原発を自然エネルギーでまかなおうというのは夢物語にすぎない。
原発がなくなれば電気料金も2倍に跳ね上がるといわれ、日本経済や雇用への影響ははかりしれない。国内が大変なパニックに陥るのである。少子高齢化もこの先どんどん進み、デフレからも抜け出せぬ日本が原発をなくすことは自殺行為であることは明白だ。確かに原発は一度事故を起こすと大変なことになる。しかしながら、そのようなリスクをも背負いながら生きていかなければ、日本を維持していくことはできないのである。結局反原発派は、そのようなリスクを恐れ逃げようとしているだけではないか。自分だけは放射能を浴びたくない、自分だけは助かりたいと自分のことだけを考えて反原発活動に参加しているのではないか。ガレキ受け入れに反対していた者達も、あれだけ被災地で大変なおもいをしている人達がたくさんいるというのに、放射能をばらまくなと騒いでいた。あのような輩も自分のことしか考えていないではないか。かつての日本人はどうであっただろうか。自分1人が犠牲になっても、国の為になるならそれでよいと多くの日本人が戦争に行った。今の日本に日本や日本国民のために犠牲になってもかまわないというものがどれだけいるだろうか。犠牲を最小限にとどめようとすることは必要だが、犠牲を恐れて逃げていては国は守れないのである。

福島原発事故をうけ感情論で反原発を論ずるのではなく、しっかりと原発と向き合おうではないか。現実と向き合おうではないか。そのうち原発に代わる発電方法も発明されるであろう。しかしながら現時点では原発は絶対的に必要である。安全性の追求は必要だが、安全が確認されれば順次再稼働していくべきである。
スポンサーサイト



北陸青年政治研究会[北政研」の勉強会

8月25日北陸青年政治研究会の勉強会に参加した。北陸青年政治研究会とは、毎月第四土曜日の夜8時より、石川県の野々市市役所内の会議室をかりて行っているものである。これは右翼民族派のみならず、一般人から市民団体、政治関係者までさまざまな国を憂いる者達が集い、議題を定め議論しあったり、講師を招き勉強したりしながら、日々の活動に役立てているものである。この勉強会を通じて今までの考え方とは少し変わったという人も少なくない。憂國憲誠塾からもできるだけ毎月参加するよう心掛けている。

今回は当然ながら、竹島や尖閣の領土問題ならびにイ・ミョンパクによる天皇陛下への謝罪要求などについての問題の議論から始まった。北陸民族青年会議議長、皇方朋友社網渕代表は韓国に対する熱い気持ちを語って下さった。もちろん参加者全員が特に韓国に対しての怒りは頂点に達し、国交断絶すべきだとの発言も目立った。
その後、近現代史ならびに靖国神社に関わるDVD鑑賞を行い、勉強会を閉じた。
来たれ同志よ。共にこの国について語り合おうではないか!span>

領土問題への国民喚起、及び民主党に喝!

8月24日、午後より福井駅前通りにおいて竹島および尖閣の領土問題、ならびに韓国イ・ミョンパクによる天皇陛下に対する謝罪要求、野田首相が送った親書を送り返すといった非礼行為、そして日本大使館前に銅像を建てらるなど韓国が主張する従軍慰安婦問題についての緊急街頭演説を行った。イ・ミョンパクの非礼行為に対しては国民皆で抗議をし、制裁を下していく事が必要であると、慰安婦問題においては全くの捏造であると県民に対して訴えた。政治結社魂真塾の塾長もたまたま通りかかり、参加してくださいました。

そして民主党の福井県連本部前において、天皇陛下に対する謝罪要求に対して、即時に韓国に発言の撤回と謝罪を強く要求せよと、また今弱腰外交をすればこの先も永遠に日本はなめられ、挑発行為や反日行為を繰り返されることになると訴えた。

今は日韓関係はどん底である。だからこそ日本は竹島にしても、慰安婦問題にしても、日韓併合にしても、歴史教科書問題に対しても、言うべきことはすべて言い、日韓関係をリセットすべきである。そのうえでお互いが理解しあい、友好が築けるなら我々も反対はしない。しかしながら今の状態のまま問題をうやむやにし、問題を先送りするようではさらなる挑発行為や反日行為を繰り返されるだけであり、そのようなままで日韓友好などありえない。マスコミも知識人も冷静に冷静にというが、このような状態で黙っているほうが異常である。黙っているということは認めたということになるのだ。日本人、今こそ声を高らかにあげよう!
span>gaisen.jpg
DVC00061.jpg

福井市の友好都市、韓国水原市について

福井市は韓国の水原市と友好都市関係にあり、毎年お互いの市長や市議会議員、市民訪問団が互いの市を訪問しあい友好関係を築き上げてきた。しかし、昨年8月福井市を訪問する予定であった水原市の市長や市議は急きょ訪問を中止し、民間人のみの来福となった。市長、議長の不参加の理由としては、稲田氏を含む自民党議員3人が鬱陵島を訪問しようとして韓国に入国を拒否された事件の直後であり、明らかに竹島問題を意識してのことであった。ところが、その2か月後福井市長と市議会議長は水原市を訪問したのだ。この件について福井市担当者に聞くと、文化交流、経済交流と国家の問題はべつの問題だとの返答をしてきた。しかしながら、実際に水原市側は同じ問題として訪問を取りやめたではないか。我々憂國憲誠塾は、この件に対し昨年10月28日福井市役所内で抗議文を手渡し、強く抗議をした。

そして今年も今月24日から水原市側が福井市を訪問する予定になっていたが、先日水原市側が一方的に訪問中止を通告してきた。我々も攻撃体制を整えていたところではあったが、訪問中止は当然といえば当然かもしれない。このような関係ではたして友好関係都市といえるであろうか。世界にはたくさんの親日国がある。このような反日国家の、反日の都市と無理やり友好都市関係である必要があるのだろうか。中国や北朝鮮でも天皇陛下に対して謝罪を要求するなどという外交上非礼極まりないことを言ったことはない。それを言ってのけたのがイ・ミョンパクであり、反日ならなにをしてもいいと考えているのが韓国民族だ。このような国とは国交断絶すべきだ。このような水原市とも福井市は友好関係を破棄すべきである。
竹島

日本人をなめるな!

8月19日、沖縄の尖閣諸島の魚釣島に地方議員を含む日本人有志10人が上陸し、灯台などに日の丸を掲げた。沖縄県警は10人から事情を聴いたが、立件は見送られるようである。当然だ!日本の領土に日本人が上陸して問題になるほうが異常としか言いようがない。8月15日には香港の活動家らが不法上陸したばかりである。我が国の領土で中国国旗を振り回されて、逆に日本の領土であると日の丸を掲げることは当然のことである。我々日本人には、日本民族の血が流れている。日本民族の血を受け継いでいる。そうやすやすと我が国固有の領土を、シナなどに渡すものか。腰抜け民主党は摩擦を恐れ、平和的に尖閣を維持、管理していこうとしているようだが、そのようなものでは尖閣は守れない。大多数の国民はそれを理解している。戦後の日本は、摩擦を恐れ、周辺諸国に媚びへつらってきた。そのような政府の姿を国民は、黙ってみてきた。しかしながら、それはさらなる挑発行為、反日行為を受けるのだと国民は分かった。日本民族はそんなに情けない民族ではない!シナ人よ、韓国人よ、日本人をなめるな!絶対に尖閣は譲らない。絶対に竹島を取り戻す!
senkaku.jpg

民主党の体たらく

8月15日、沖縄県、尖閣諸島の魚釣島に香港の活動家が不法上陸し14人が逮捕されたが、政府はわずか二日後の17日には逮捕した14人全員を強制送還してしまった。国民の皆様はこのニュースをどのような思いで見ておられたのでしょうか。おそらく大多数の国民が、わずか2日での送還に驚き、弱腰外交を繰り返す民主党に怒りをおぼえたのではないかと思います。いまさら民主党に対し、何一つ期待をすることもないが、国や領土を守るという政治家として当たり前の覚悟もないような政党ならば、日本の政治を担う資格などない。とっとと解散するがいい!
メドベージェフは国後島に上陸し、イ・ミョンパクは竹島に上陸し、さらには天皇陛下に対して非礼極まりない謝罪要求。そして今度は尖閣に不法上陸を許したうえに、わずか2日でなにもなかったかのように強制送還。すべては繋がっている。いずれも民主党による友愛外交、謝罪外交、弱腰外交を見越しての行為であることは明白だ。しかしながら、その張本人である鳩山、菅、野田にはなんの罪の意識もない。このような政治家を選んだ国民も悪いが、国や領土を守っていく気持ちもない政治家はもっと悪い。このような状態のままで、侵略を狙う中国、反日国家韓国、北朝鮮、ロシアに囲まれた日本は国を守っていけるのだろうか。このような弱腰外交を繰り返していれば、韓国はこの先も挑発行為を繰り返してくるに違いない。中国からもまた必ず不法上陸しに来るであろう。今回のように少人数ならいいが、これがエスカレートし、何十隻何百隻で押し寄せてきたり、民兵が押し寄せてくることも考えられる。領土問題や、そもそものこの日本について国民が考えなおすいい機会である。亡国への道に歯止めをかけ、国家の再建が急がれる。

大東亜戦争戦闘終結の日

本日8月15日は、大東亜戦争が終結した日である。67年前の今日、その戦闘が終わった。本日、福井県護国神社参拝、ならびに啓蒙街宣を行った。
明治から昭和にかけ、日本は白人国家による軍国主義、植民地支配、さらには共産主義からこの国を守っていこうと、富国強兵、軍備拡張し、日本人はひとつになり頑張った。日清、日露戦争、第一次世界大戦に勝利するも、白人国家は有色人種である日本人を支配下に置き、アジア全土を植民地化しようと企んでいた。日本は軍縮の圧力にも従い、さまざまな挑発行為にも我慢を繰り返してきた。しかしながら、アメリカにより石油輸出は止められ、アメリカは日本を戦争へと追い込んでいったのである。ハルノートを突きつけられた日本には、もはやアメリカと戦う以外の道はなかった。日本は、自存自衛の為、大東亜戦争に国民一丸となり突入していったのである。
真珠湾奇襲攻撃に始まり、日本軍はアメリカ軍に優勢的に戦争を進めていった。しかしながら、ダガルカナル島敗戦をかわきりに、アメリカは反撃を開始し、南方の島々では次々と日本軍は玉砕していったのである。沖縄戦でも日本軍は勇敢に戦ったが、全国各地への空襲や、広島、長崎への原爆投下による民間人大虐殺もうけ、壊滅的被害を被った日本は涙をのんで敗戦を決意した。それが67年前の今日、8月15日なのである。
戦闘終結後もアメリカは東京裁判で、事後法により不法に罪もない日本軍人を処刑にしていった。そして徹底した日本弱体化を進め、憲法、政治、マスコミ、教育など国内あらゆるものにメスを入れていったのである。その結果、日本人は日本人の心、日本人精神を失ってしまった。戦後の日本は、復興、そして経済発展に全力をつくし、見事に繁栄を手にした。しかしながら、それと反比例して日本人精神を失ってしまったのである。まさに現在の日本は魂なき繁栄である。
そのような中誕生したのが、亡国政権である民主党政権であり、それを国民も選んだ。鳩山内閣では友愛外交に始まり、菅内閣では謝罪外交や弱腰外交、野田内閣になってからも反日国家に対する支援などを続け、結果的には領土問題での周辺諸国による猛烈な反日行為が繰り返されている。韓国に至っては、我が国国家元首である天皇陛下に対し謝罪要求まで言ってのけた!民主党政権は猛省すべきであり、韓国に対しても国交断絶も視野に抗議していかなければなるまい。
本来ならば8月15日は、現在の日本があるのも、先の大戦で必死で戦い亡くなっていかれた方々のおかげであると、静かに感謝の誠をささげるべきであることは十分承知であるが、今年は領土問題、そして韓国の暴走についても、強く県民に訴えさせていただきました。これだけ好き勝手言われ、不法行為を受け、黙っている者など日本人ではない!日本人よ今こそ立ち上がる時だ
2012081511100000-1.jpg

                  終戦の日
石川県から政治結社北雷社総本部の高橋本部長が応援に駆けつけてくださいました。

北陸民族青年会議反ロシアデー富山県統一行動

8月5日富山県内において、4日前倒しして実施した北陸民族青年会議反ロシアデー統一活動に、我々憂國憲誠塾も参加しました。富山県は北方領土の元島民の方々が全国で2番目に多く住んでいる地域であるということで、毎年行っているものです。
昭和20年8月9日、旧ソ連は準同盟国家であったにもかかわらず、日ソ中立条約を一方的に放棄し、大東亜戦争敗戦間近の日本に宣戦布告し、火事場泥棒のごとく南樺太、千島列島に攻め入り、日本固有の北方の領土を侵略したわけであります。当時のソ連軍は、非戦闘員である老人、婦女子を含む一般人に対し、暴行、虐殺、強姦のかぎりをつくし、さらには我々の同胞約60万人を極寒の地シベリアに抑留し、重労働をかせたのであります。北方領土には、終戦当時やく1万7千人あまりの日本人が住んでいましたが、その後強制的に退去させられ、戦後67年がたった今もなお不法に占領されているのが現状であります。ロシアは近年北方領土を返すどころか、極東地域での軍備を拡張し軍事挑発を繰り返したり、北方領土の実効支配を強めるため、空港や港湾の整備を進めたり、さらにはメドベージェフ首相が平成24年7月に国後島を訪問するなどしている。

このような不法国家ロシアから北方領土を取り戻すために日本人が考えなければならないことはなにか。今の日本に北方領土を取り返す力はあるだろうか?残念ながらあるとは言えない。ならばどうすればいいか。それはまずは現在の亡国憲法の廃止が必要である。中でも9条の廃止は絶対的に必要である。他国も9条があると分かっているから挑発行為、領海領空侵犯を繰り返すのである。外交と軍事力は表裏一体である。それが世界の常識である。現実である。摩擦や犠牲を恐れ現実から逃げていては国は守れない。国民の生命や財産、領土を守ることはできない。北方領土を取り返すこともできない。拉致被害者を救出することもできない。
これは原発においても言えることである。反原発派は犠牲を恐れて逃げようとしているだけではないか。原発が国家安全保障や国益に大きく関わる問題であると分かっていながら反対している輩は明らかな国賊である。
日本人、目を覚まそうではないか。中国は年々軍備拡張を続け、東アジアの情勢は不安定になりつつある今、日本人一人一人が真剣に日本について考えなければならないときである。草莽崛起!



反ロ9反ロ12
反ロ10
反ロ13


参加団体
  皇方朋友社富山県本部皇命社
  皇方朋友社総本部
  国粋青年隊北陸本部
  日本愛国者育成会議
  日本再建の会
  北雷社総本部
  北雷社加賀支部
  憂國憲誠塾

韓国大統領の竹島不法上陸を許すな!

8月10日、韓国の李明博大統領が、我が国固有の領土である島根県の竹島に不法上陸するという暴挙にでた。明らかに韓国国内での求心力低下を挽回するために行った行為である。今までも韓国は反日により国内をまとめてきた。しかしながら、大統領が竹島に上陸したのは初であり、日本としてはこの行為を重大に受け止め、国民皆で大きく抗議し制裁をくだしていく必要がある。
韓国大統領の竹島上陸の原因は、元をたどれば民主党政権になってからの対韓外交の甘さにあることは明白だ。鳩山によるお友達外交に始まり、菅による謝罪談話、返還の必要のない図書の返還。野田になってからもスワップ支援など韓国に対して極めて甘い外交を行ってきた。民主党議員も猛省すべきである。

竹島は江戸時代からアシカやアワビなどの漁の中継地として日本人に利用され、明治38年に日本政府は竹島がどこの国の領土でもないことを確認したうえで正式に日本領とした。しかし、昭和27年韓国のイ・スンマン大統領は、竹島を韓国領とする「イ・ライン」を一方的に宣言し、その後昭和29年、韓国は国際法を一切無視し、竹島を軍事占拠したわけである。現在もなお武装警官を常駐させて不法占拠を続け、返還を求める我が国の話し合いの呼びかけにも一切応じず、国際裁判所への出廷もせず、領有権問題の存在すら認めず、さらには竹島近海で軍事演習を行い我が国を威嚇し続けてきたのである。そしてとうとう今回の暴挙にでたわけである。

最近北方領土、竹島、尖閣と領土問題がニュースを騒がせている。先にも述べたようにその原因は、民主党による友愛外交、弱腰外交、謝罪外交を見切ってのことであることは明白である。今回の竹島への大統領上陸により日本がどのように反発するか、中国やロシアは見物しているに違いない。日本政府は、今までにない制裁を韓国に対し突きつけていく必要がある。また、尖閣を第2の竹島にしないためにも、自衛隊を常駐させるなど、実効支配を強めていかなければならない。竹島も尖閣も北方領土も莫大な国家の国益に関わる重要な問題である。日本人よ、摩擦を恐れるなかれ。


竹島

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR