FC2ブログ

北方領土の日

本日2月7日は日本政府の定める北方領土の日である。本日北方領土奪還にむけ国民意識を高めるための啓蒙街宣活動を行った。
1855年2月7日日本政府はロシア政府との間に、日露通好条約を結び、日本人が開拓し日本人が住み続けてきた北方領土の択捉島と得撫島との間に国境を定めた。その後1875年に樺太千島交換条約を結び樺太を放棄する代わりに、千島列島は日本領となる。そしてその後日露戦争が勃発する。白人国家ロシアとの戦いで歴史的勝利を収めた日本は、南樺太の領有権を手にする。しかしながら昭和20年8月9日、当時準同盟国であった旧ソ連は、日ソ中立条約を一方的に放棄し、南樺太及び千島列島へと攻め入ったのである。大東亜戦敗戦間近で軍を南方に固め、国力が衰えていた日本は、必死に抵抗はしたが、北方4島及び南樺太、千島列島すべてを占領されてしまう。その後日本は南樺太、千島列島の権利権限を放棄したが、ソ連に譲渡したわけではなく、厳密に言えば、南樺太も千島列島も今も日本領なのである。もちろん北方領土は放棄した千島列島には含まれず、明らかに日本固有の領土なのである。しかしながら現在も不法に占拠され続けている。
日本人が胸に刻んでおかなければならない本当の意味での北方領土の日は、8月9日である。しかし、いつが北方領土の日かということなどはどうでもよい。ようは、日本人がどれだけこの問題を真剣に考え、政府を後押ししていけるかということである。北方領土の奪還は元島民の方々の悲願である。生まれ育った故郷を失い、行きたくとも行けない、墓参りすらできない元島民の方々の苦しみを国民皆で分かち合い、元島民の方々が存命のうちに早期解決していく必要がある。日本固有の領土の死守および奪還は自主独立国家としての責務でもある。領土を守っていけないということは国家の滅亡を意味するのである。日本人領土問題について真剣に考えていこうではないか。


本日、憂國憲誠塾、塾長代行と局長による街頭演説を行い、北方領土早期奪還への国民喚起を訴えた。本日は応援の声をかけてくださった方もいました。我々だけでなく、国民が立ち上がってこそ領土問題は解決に向かっていくものと思います。国民皆で失地領土奪還の声を上げていこうではないか!

DSC_0287-1.jpg
スポンサーサイト

竹島奪還デー金沢統一行動

10月28日は竹島奪還デーである。この日我々は北陸民族青年会議の同志と共に竹島の奪還ならびに泥棒国家韓国との国交断絶を訴えるため、金沢市内において統一活動を行った。

まず、石川県護国神社を参拝してから、流し街宣をしながら金沢駅前に向かい、午後1時より1時間の停止街宣、そして民団への糾弾を行ったあと再び香林坊周辺を流し街宣し、その後解散となった。

街頭演説弁士(演説順)
    皇方朋友社 竹内最高顧問
    憂國憲誠塾 天谷総隊長
    皇方朋友社 塩原情宣局長
    皇方朋友社 的場行動隊長
    皇方朋友社 吉川本部長
    北雷社    高橋本部長
    皇方朋友社 網渕代表
参加団体
    皇方朋友社
    日本再建の会
    北雷社
    憂國憲誠塾

竹島は江戸時代からアワビやアシカなどの漁の中継地点として日本人に利用され、明治38年に日本政府は竹島がどこの国の領土でもないことを十分に確認したうえで、正式に日本領とした。しかし昭和27年、韓国の李承晩大統領は、竹島を韓国領とする{李ライン}を一方的に宣言し、その後昭和29年10月28日、韓国は国際法を一切無視し竹島を軍事占拠し、我が国固有の領土を侵略したのである。現在もなを武装警官を常駐させて不法占拠を続け、返還を求める我が国の再三にわたる話し合いの呼びかけにも一切応じず、国際裁判所への出廷もせず、領有権問題の存在すら認めず、さらには竹島近海において軍事演習を行うなどして我が国を威嚇し続けてきた。このような中、今年8月には李明博が竹島に不法上陸し、さらには我が国国家元首である天皇陛下に対し謝罪を要求し、野田首相が送った親書をも送り返してきた。このような挑発行為、反日行為を繰り返す韓国を日本人であるならば誰もが許せるものではないはずである。このような非礼極まりない反日国家韓国に対し、国交断絶も視野に徹底した制裁を下していく必要がある。戦前から戦後に至るまで莫大な援助を行ってきた我が国を侵略国家と位置づけ、歴史教科書には難癖をつけ、首相の靖国参拝への内政干渉、ありもしなかった捏造の歴史である従軍慰安婦の強制連行を世界中で宣伝し続けているような韓国との友好など絶対にありえない。また、一日も早い竹島奪還実現のためにも、国民一人一人が正しく竹島問題を理解し、子供達にもその事実をしっかり教え、国民的世論のもと竹島奪還運動を進めていかなくてはならない。

DSC_0179-1.jpg
DSC_0180-1.jpg
DSC_0185-1.jpg

譲歩は負けである


政府は尖閣諸島による日中対立について領有権問題は存在しないとの立場は堅持しつつも、中国側の領有権主張は認識しているとの立場を打ち出し日中間での摩擦を回避する妥協案を検討しているようである。日系企業や経済への影響が深刻な状態なのは分かる。しかしながら、領土主権問題において一歩たりとも譲歩すれば負けである。なぜ歴史上も国際法上も日本固有の領土でありながら譲歩する必要があるのか。問題を先送りにするために譲歩すれば、付け入る隙を与え、さらなる挑発行為を招くだけではないか。戦後日本は、摩擦を恐れ、事あるたびに目先のことだけを考え問題を先送りにしてきた。その結果ひとつの問題で対立すれば、それと全く関係ない問題までもが飛び交うようになり、反日行為もどんどんエスカレートしてきているのではないだろうか。目先だけを考えての先送りは禁物である。領土問題においては一歩たりとも譲らないという強い姿勢を国民皆で示していくひつようがある。日本の領土、国民の生命や財産を守っていくためにも、集団的自衛権や憲法前文、9条、防衛体制の強化確立、など変えていかなければならないことは山ほどある。しかし、それらを変えたところで国民一人一人が日本を守っていこうという強い意志を持たなければ意味がない。この国を守っていくのは我々国民である。明治天皇による教育勅語では、一旦緩急アレバ義勇公ニ奉ジという教えがあったように、国難の際にどれだけ国民が一つになり公の精神で問題に立ち向かえるかが国の存続を左右するのだということを、国民一人一人が強く認識すべきである。DVC00061.jpg

尖閣をめぐる挑発行為に屈してはならぬ!

日本政府による尖閣諸島の国有化に中国が反発している。14日には中国の監視船6隻が尖閣周辺の領海内に侵入した。15日には中国各地で反日集会が行われたようだが、中国政府も容認しているもようだ。中には暴徒化するものもいたようで、日本料理店や日系のショッピングセンターなどが襲われ破壊行為や略奪行為もあったようである。また中国に住む日本人に対する暴行事件も相次いでいるということである。なかでも監視船による領海侵犯は、中国国家による意図的な挑発行為である。尖閣周辺を堂々と領海侵犯されながら、なにもできない日本の法律も異常としかいいようがないが、このような中国に対し日本政府がとった行動は、中国大使に抗議したのみである。弱腰外交としか言いようがない。そもそも初めは東京都が尖閣を買い取り実効支配を進めようと国民からも寄付を募った。そこに横やりを入れて政府が買い取ることになったわけであるが、その理由は尖閣を平和かつ安定的に維持するためということであり、以前同様日本人であっても島に上陸することは許されず、港や建築物もいっさい作らせないと宣言したのである。中国に配慮してのことであったようであるが、このような中途半端な対応がさらなる挑発行為を招いているだけではないか。しかも挑発行為もどんどんエスカレートしている。いいかげんにこのような悪循環を学び、中国や韓国に対しては言うべきことははっきり言い、領土問題に関しても一歩も譲らない姿勢を明確に示すべきである。そして領土を守るための法整備を早急に進めていかなければならない。また憲法を見直し、自衛隊を軍隊と明記し、憲法9条を廃止し、自主防衛体制を整え領土や国民の生命や財産をしっかり守れる体制を早急に整えなければならない。中国は尖閣侵略に向けて歩き出したと頭に入れておくべきだ。今まで通りにしていたのでは尖閣は守れない。中国の漁業監視船や漁船が何百隻も尖閣周辺に現れるとも囁かれている。竹島や北方領土のように一度実効支配を許してしまっては、そう簡単に取り返すことはできないのである。日本は一歩たりとも譲ってはならぬ!絶対に中国の挑発行為に屈してはならぬ!
DVC00116.gif
img041.jpg

領土問題を考える石川県統一行動

9月9日、石川県金沢市において、北陸民族青年会議による領土問題を考える統一街宣活動をおこなった。午前11時より石川県護国神社参拝、11時30分より香林坊アトリオ前にて街頭演説を行い、13時より北雷社の定例街頭演説をはさみ、14時からは車両による流し街宣を行った。

街頭演説では、このところ続いている領土問題における近隣諸国からの挑発行為は民主党が続けてきた弱腰外交が原因であると、また韓国大統領による天皇陛下に対する謝罪要求や、野田首相が送った親書を送り返すといった非礼極まりない行為に対し、国民皆で抗議の声を上げ制裁を下していこうと、そして領土を守るため、不法に奪われた我が国固有の領土を取り返すために国民皆が真剣に考え直さなければならないと訴えた。また慰安婦問題についても明らかな捏造であり、河野談話を撤回しいっさいの賠償の必要はないと訴えた。他の弁士からも、中国、韓国、ロシアに対する怒りとともに、領土を守り、国益を守っていくためには9条の廃止や自主防衛体制の確立、愛国教育の実施など戦後体制から抜け出せぬ日本の改造が必要であると訴えていた。

流し街宣には8台の車両が参加し、韓国民団、石川県ロシア協会、石川県日中友好協会の前にさしかかると、シュプレヒコールが響きわたった。道中応援の声をかけてくれる人も多くいた。


DSC_0142-2.jpg
皇方朋友社 竹内最高顧問

DVC00178_20120910173751.jpg
憂國憲誠塾 天谷総隊長
DSC_0145-1.jpg
金沢翼賛会 松本代表
DSC_0147-1.jpg
皇方朋友社 吉川本部長
DSC_0149-1.jpg
皇方朋友社 網渕代表
DSC_0150-1.jpg
皇方朋友社 塩原情宣局長
DSC_0152-1.jpg
皇方朋友社 的場行動隊長
北雷社弁士
   下竹社主
   高橋本部長
   坂本総隊長

DSC_0154-1.jpg
DSC_0155-1.jpg
DSC_0156-1.jpg
2012090921120000.jpg
   参加団体
      金沢翼賛会
      皇方朋友社総本部
      皇方朋友社富山県本部皇命社
      神風同志塾
      大日本天神会
      日本再建の会
      北雷社総本部
      北雷社加賀支部
      憂國憲誠塾
プロフィール

Author:kensei594
福井県を拠点に愛国活動を行っている、右翼民族派団体、皇國櫻心會の公式ブログです。
嘗ての大東亜戦争を侵略戦争と位置付け、英霊の方々を侵略者扱いし、近隣諸国に謝罪や反省、賠償を繰り返してきた日本政府の対応や、日本を貶め続けてきた國賊に対し断固抗議し、日本人の名誉と誇りを取り戻し、主権国家としての体制を建て直す為、日々活動を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR